読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interact

旅行&PC+その他なんでもありなブログ

結局、なぜMacbookではなくSurfaceを選んだのか

テクノロジー

Sponsored LINK

購入に向けた検討の「あとの事」について書きます。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

www.iitxs.com

 

 

 

要旨

Appleは好きだけど、泥臭い作業が多い私には見た目よりも作業効率を重視するとSurfaceの方が向いてる。Windows10は軽いし早いからMac OSにも負けてない!!

 

Appleは好き

Appleは好きです。大多数の日本国民と同じように、iPhoneを使っています。(iPhoneは便利!)

 

でも、改めて考えるに私の好きなAppleは専制政治体制だった頃のAppleです。スティーブ・ジョブズ氏が陣頭指揮をとっていた頃のAppleです。

 

あの輝きに満ちた会社の色は何色だったのでしょうか。

 

私は、ソーシャルゲームでいうところの「SSレア」のような色に見えていたのではないかと思います。出た瞬間嬉しくなるような、輝きの色。

 

とはいいつつつも、もともとApple自体に特定の色というものは無かったのでしょう。その証拠に虹色のロゴを使っていたのに、急にグレーにしてみたり、ショップのメインカラーやパンフレットは白を基本色としています。*1

 

 http://images.apple.com/jp/retail/find-a-store/images/hero_newyork_large.jpg

▲Appleのサイトより

 

色のついていないカンバスに色を塗っていたのは、スティーブ・ジョブズ氏だったという事実が、今のなんとなく期待はずれなマイナーチェンジの量産という結果につながっているのではないでしょうか。

 

 今のAppleには、ダメ出しをするスティーブ・ジョブズ氏がいないので、チャレンジする必要がないといったら少し言いすぎですかね。

 

絶対に言えるのは、最近の優秀な人材はAppleから独立してスタートアップをしているので、今残っているのは、平均値からは遥かに高いレベルにあるものの、独立していくほどエネルギーがない人材ということです。

 

Appleの元社員の方々が作った車のナンバープレートにつけるカメラ(着脱可能)は代表的な例です。あまりの手軽さ(残念ながら日本ではプレートにつけると違法らしい)に驚きました。誰かが考えてそうなのに、誰も商品化していなかった「新しい」新商品*2なのですから。

 

追記(2016年7月12日)

2018年にもバックカメラの装着を義務付ける可能性があるというニュースがありました。

 

vimeo.com

もし、Appleにジョブズの残り火があって、それが燃え上がる時があるなら、その時まで楽しみにしています。

 

Windows10という未完の大作

強制という響き

▲拾い物の画像

 

Windows10は強制アップグレードのおかげで、ソフト自体の評判も悪いように聞こえています。

 

Windows10にアップグレードしたいのはユーザーではなくMicrosoftだったから、本来有償のOSを無料で自動にアップグレード(人によってはダウングレード)されるようにしたのでしょうから、希望者には検証用のパソコンを貸し出すなど何かしらの対応があっても良かったと思います。

 

それに、どんなに優れたものやサービスであっても、強制されることを好んでいる人はいないはずです。

ユーザーはMicrosoftとその更新通知によって強く説得された結果、心理学でいうところの「ブーメラン効果」が起きたというわけです。

 

更新してわかったこと

実は、Windows10が一般開放されたあと直ぐに、検証のためにWin7のノートパソコン(OSのバグでインターネットに繋げなくなっていた)をWindows10にアップグレードしていました。

 

Windows10は操作に対する応答速度が上がっているように感じました。もちろんインターネット接続は復活しました。

 

使用しているソフトで業務用などの特殊なものはありませんので検証はさほど難しいものではありませんでした。

 

14日間ほど、Win8.1と並行してWindows10を使って、私の使用しているすべての周辺機器とソフトがWindows10でも問題なく動作することを確認しました。

 

SSDとHDD

よく見かけるのが、Mac OSとくらべてWindowsは遅いという話です。

 

昔のWindowsは遅かったです。でも、いつまで昔の話をする必要があるのでしょうか。そういった話をする人に声を大きくして言いたいことは、「現行OSのWindows10とも比べてみてください」ということです。

 

また、SSDが搭載されているMacシリーズとHDDが第一線を張っているWindowsで比較して、Mac OSの方が早いというのはあまりにもアンフェアな話です。

 

SSDに換装したWindowsと比較すれば、悪く無いという感想を持っていただけるのではないでしょうか。

 

私の使っているWindows10はかなり安定しています。稀にCritical_Errorで落ちるのは前のWindows7の時も同じでしたが玉に瑕という感じです。

 

Surfaceを選んだ理由

機能美という評価基準

私は物事を判断する基準として、機能美というものを重視しています。

 

そもそも機能美とは何か?

建築・工業製品などで、余分な装飾を排してむだのない形態・構造を追求した結果、自然にあらわれる美しさ(goo国語辞書)

 

具体的には、消防車が早く火を消すことができるように無駄が排除された結果、あの形になっているので消防車の形状を当然のように美しいと感じています。

 

 ▲Wikipediaより

 

Macbookは「機能美」でない

Macbook(2015) はデザイン的に洗練されていますが、泥臭い作業には今ひとつという印象を受けました。一番の理由は「USB-C」です。既存のUSBの3分の1のサイズになったそうですが、普通のUSBメモリを使いたいので(小さくなられては)困ります。

 

デザイン重視で作業効率が落ちるぐらいなら、機能を選びます。

 

Macbookはアルミ削り出しで、継ぎ接ぎがなく美しいです。ただ、プログラマー(Macでないと面倒)やデザイナー(おしゃれな見た目が重要)ならともかく、Officeを使うなどといった泥臭い作業はSurfaceの方が効率よく済ませることができます。

 

Mac版のOfficeとWindows版のOfficeが完全互換ではないという情報もちらっと目にしたというのもあります。(レイアウトが崩れたりしたらとても困ります)

 

外側のポートについても以下のように、使うときは全部使う、無駄のない組み合わせになっています。

  • 標準のUSB3.0
  • DisplayPort
  • microSD

USBメモリを差しながら、映像を出力して・・・という作業がSurfaceさえあれば可能です。

MacbookとSurface以外の選択肢

日本のメーカー製パソコンは値段は高いのに低スペックでデザインも野暮ったいので選択肢から脱落しました。Macbookはポートが必要以上に排除されていること、互換性の問題から今回の要件には合わないので諦めました。

 

また、最近は性能よりも本体の薄さと軽さの競争の方が激しいですが、それだけが売りでは使い勝手が悪いのではないか?という心配もありましたので、とても大変な選考でした。

 

ASUS等のパソコン・タブレット・2in1等と比較して、Surfaceは唯一「タブレットだけど負荷をかけても大丈夫」な様子をアピールしていました。カタログスペックが多少低くても高い負荷に耐えてくれるなら優秀です。

 

「負荷をかけても大丈夫、もちろん重いけどね。」では持ち運びに苦労しそうなので、タブレットでも、ウルトラモバイルレベル、それ以上の能力を持ったSurface Pro 4はとても魅力的でした。

 

後押ししたもの

https://compass-ssl.surface.com/assets/5b/20/5b2070bb-b49b-437f-a4fa-fea186d7d71a.jpg?n=Surface_Surface%20Pro%204_Features_RTB-01_1920_img2.jpg

▲SurfaceのWebサイトより

 

ご存知の通り、Surfaceはキーボードを裏返したり外したりすることで、タブレットとしても使えます。スマートフォンと同じような操作がしたい時(写真を見るときなど)タッチパネルは思いのほか便利でした。付属しているペンも細かいところをクリックしたい時に重宝します。

 

タブレットであることは持ち運びを考えると、結果的に後押しする事になりました。

 

地味ながら良いと思ったのは、OfficeとOneDrive(1TB)が1年分=約1万円相当のクーポンがついて来ることです。

 

SurfaceはMacbookのように所有欲は満たせないかもしれませんが、私のように機能美に重点を置いているとSurfaceの満足度は高いのではないでしょうか。

 

悩んでいる方へ

もしSurfaceとMacbookで悩んでいるなら、どっちを選んでもきっと満足できると思います。

 

気に入った方、好きな方を買ってください。

そして、その選択に自信を持ってください。

 

もうすでにMacを所有している方へ

Surface Pro 4は前モデルにあった物理ボタンが無くなったおかげで、悪く無いです。

 

狭い机での3点保持もちょっとした工夫で、快適に使えます。

機内でSurface

 

図の通りキーボードの手前は宙に浮いていても使用に問題ないです。

では、また今度!

*1:白も色の一部だろうというのは無しで・・・。

*2:「古い」新商品の逆の意味です。

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止