interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

友人のブログ収益化という夢と挫折

Sponsored LINK

Netflix火花お題「夢と挫折」

 

今回は私の友人の夢と挫折についてです。友人へ。そして自分へ(戒め)。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

友人のブログ

私の友人がブログを始めたのは2015年のちょうど今頃でした。

 

当初はとあるパソコンゲームの考察やMOD紹介などをしていて、細々とブログを更新していました。

 

あるとき、そのゲームの公式発表(英文)を翻訳したものをブログに掲載すると、たちまちPVが伸びていったそうです。

 

バブルみたいなもので、本当のアクセス数ではありません。

 

その後に書いた記事はそこまでアクセス数も伸びませんでした。

 

それで、つまらなくなったのでしょう。

ブログを「放置する」という内容の記事を書き、半年ほど放置していました。

 

夢と挫折

f:id:interacting:20160726020446j:plain

 

半年ほど経って、(バブルの残り火があり、放置中もアクセス数もそこそこあった)ブログは再開しないのかと尋ねてみました。

 

そうすると彼は言いました。

再開する、と。

 

急に気が変わったようで驚きました。

 

再開した後、最初の記事は、商品レビューでした。

数行の感想と写真、アマゾンの広告で構成された記事です。

 

ここで勘のいい読者の方は気付かれるかもしれませんが、彼はブログの収益化を企んだわけです。(後の収益化に失敗したという内容の記事で判明したことです)

 

新聞やテレビなどのメディア(個人でもメディアを名乗るものは含む)に対して私たちのような零細ブログの存在意義は、収益ではなく情報共有です。

 

注目度が低くて、メディアが見向きもしないような希少な情報を求めてる人がいます。その情報を求めている人と情報共有(交流、コミュニーケーション)することが零細ブログの生き残る道です。

 

ある意味で双方向な関係(行き過ぎると互助会と批判されることもあります)がブログだと思います。

 

 

利益至上主義で挫折するのは至極当然のことです。(もちろん異論もあると思いますが)

 

結局、ゲーム関連の記事を更新することで、PVは休止前の水準まで戻ったみたいでしたが、それ以上に伸びることはなく、モチベーションの維持は難しかったようでした。

 

私の友人の企みは儚くも散ってしまったのでした。

 

メモ

最後に一言。

 

友人に伝えたい事は、せっかくのアクセス数をもっと有意義に使って欲しいという事です。

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止