interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

日米の激戦地「コレヒドール島」観光

Sponsored LINK

コレヒドール島のツアーは、英語と日本語では内容が異なります。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

フィリピン旅行記2016 その6
日時 2016年2月29日(月)
場所 フィリピン共和国
期間 2016年2月27日~3月1日
目次 2016年フィリピン旅行記【目次】 - interact

 

 

 

コレヒドール島上陸

コレヒドール島 - Wikipedia

 

 

島内を自由に回る事のできるバスは廃止されてしまっていました。島内の名所へ行くにはツアー参加が必須ですのでご注意ください!

 

 

ツアーバスは坂道をぐいぐいと登っていきます。

 

今回、人数が集まれば日本語も選べたのですが、手続きの段階では英語のみだったので英語ツアーに参加しました。

 

この英語ツアーにも日本人が何人かいて、なおかつ日本語ツアーの催行人数を満たしていました。ですが、英語と日本語では内容が違うとツアーガイドさんが言っていましたので、英語がわかる方は英語のほうが良いかもしれません。

 

はっきりと言うと、それぞれの視点に合わせてツアーの内容が変わります。解説に重点を置いているポイントが以下のようになっているそうです。

 

日本語ツアーでは、1941年12月(日本がアメリカに勝利)

英語ツアーでは、1945年2月(アメリカが日本に勝利)

 

ツアーガイドさんはここで笑いをとっていました。それぞれの視点があって同じツアーなのに全く違うと。

 

※日本の世界史で習う内容に言い換えると、マッカーサーが撤退して「I shall return」と言ったのが1941年で、戻ってきたのが1945年です。

 

Middleside barracks(ミドルサイド旧兵舎)

http://corregidor.org/fieldnotes/htm/101210/fots2-101210-A.jpg

▲corregidor.orgより

 

コレヒドール島の中心部に向かう途中にあるので、ミドルサイド旧兵舎と呼ばれています。

 

駐留していた部隊は以下のとおりです。

  • 60th Coast Artillery anti-aircraft regiment(第60海岸砲兵対空連隊
  • United States Regular Army(アメリカ正規軍
  • 91th Coast Artillery(第91海岸砲兵隊)
  • Philippine Scouts(フィリピンスカウト

 

1915年に建てられて、1941年12月29日に日本の爆弾によって破壊されました。

 

 

Battery Way(対艦砲台)

コレヒドール島内に複数の砲台が設置されていました。

かなり精度の高い砲で上陸しようとしていた日本軍を苦しめたそうです。

 

 

砲弾の傷跡が今も残っています。

 

 

弾薬庫の入り口と弾薬庫の内側。

 

Repair Shop(修理工廠)

 

Battery Hearn(対艦砲台)

Battery Hearn

 

連絡トンネル

当時は島内の連絡用トンネルとして利用されていましたが、今では崩壊している箇所もあり進むことはできません。

 

 

Battery Grubbs(対艦砲台)

 

 

旧日本軍(吉田部隊)遺構

 

吉田部隊用と書かれた建物があります。

出入口のサイズが小さく、アメリカ軍の建物の造りとは明らかに違います。

 

 

建物の中にはトカゲがいました。

 

Mile-Long Barracks(マイルロング旧兵舎)

アメリカ軍の防空司令部があった兵舎です。

 

 

この建物の裏には病院跡があります。

 

 

この建物は映画館があったそうです。

 

 

前方は開けていて現在はヘリポートが整備されています。

 

PACIFIC WAR MEMORIAL

 

 

Museum(博物館)

 

日本政府が発行した紙幣です。

 

 

アメリカ軍の作成した作戦図です。

 

 

両軍の行動を表した壁画もありました。某ブラウザゲームで登場した艦船が沢山います。

 

 

壁画の裏にある部屋では、実際の銃火器が展示されていました。時間的にここを見るのは厳しいので、興味がある方は先に行かれると良いと思います。

 

灯台とマッカーサー像

灯台

初代はスペインによって建てられました。現在は3代目です。

 

 

マッカーサー像

 

 

洞窟

 

島内にはこのような洞窟がたくさんありました。

 

Japanese Garden Of Peace

観音様や戦没者慰霊の碑がある場所です。

 

 

多くの若者が命を落としました。

 

 

Malinta Tunnel

 

ツアーとは別料金で、入り口でオプション料金を払って中に入ります。中は光と音のショーになっていて、幾つかのストーリーを聞きながら奥へと進んでいきます。

 

トンネルに入らない人は反対側までツアーバスで連れて行ってもらえます。

 

 

旭日旗があるこの場面では日本語の会話が出てきました。

 

 

ツアー終了

 

www.iitxs.com

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止