読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

春秋航空日本 IJ603便 成田→佐賀(2016年9月)

Sponsored LINK

春秋航空日本の成田発佐賀行きに搭乗しました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

福岡訪問記2016 その1
日時 2016年9月1日(木)
場所 福岡県・佐賀県
期間 2016年09月01日~9月03日
目次 2016年福岡訪問記【目次】 - interact

 

 

 

高速バス

毎度おなじみの京成高速バスで成田空港まで移動しました。

 

 

東京シャトルは、予約すると優先乗車が出来て、昼夜問わず一律900円です。

ところが、未予約の場合は乗車の順番があとに回されるだけでなく、昼は1000円で、夜は2000円かかります。

 

座席指定は出来ませんが、全席自由席ですので、優先乗車することで希望の席に座れる可能性が高まります。

 

 

京成高速バスラウンジの2階には誰もいませんでした。

予約も空いていて、ラウンジも誰もいないとなると、バスは混んでいないと予想していました。(のりばへ行くとびっくりすることになります)

 

 

成田空港行きのバスは3番のりばから出発します。

のりばまで距離がありますが、途中に案内看板は無いので、道を間違っていないか不安になります。

 

 

のりばが見えてきました。

人が密集しているのが見えます。(普通に混んでる!?)

 

 

車道側が予約列で、歩道側が未予約列です。

予約した人は全員乗れますが、予約していない人は定員になり次第、次のバスを待つことになります。

 

昼間でも随分と混雑していました。(予想と違いました)

 

夜の様子は以下の記事をご覧ください。

 

www.iitxs.com

 

春秋航空日本 IJ603便

当初の計画ではIJ601便で行こうと考えていましたが、しばらく前より運休が続いていたので、唯一のIJ603便を予約しました。

 

チェックイン

 

受託手荷物はなかったので、自動チェックイン機を利用しました。

 

画面をタッチしてスタートし、予約番号を入力するかQRコードで読み込ませ、登場する人の名前を選択し、続行すると人数分レシートが発行されるので、忘れずに取ります。

 

機械から出力されたレシートが搭乗券です。

 

今回はおもさは確認されませんでしたが、個数が多くないかは確認しているようでした。今回は総重量4.7kgのかばん1つだったので、量られても一切問題はありませんでしたが・・・。

 

以前に利用した時は、首から下げていたカメラを1つとカウントされて、3つ持っていることにされそうになったので、今回はかなりマシでした。

 

使用機材

 

  • 便名:IJ603
  • 機種:Boeing 737-86N
  • レジ:JA03GR
  • 登録:2014/03

 

flyteam.jp

 前回佐賀に行く時に乗った機材と同じでした。

サテライトの下を通って、昔のLCC(特にJETSTAR)御用達スポットまでバス移動しました。

 

フライト

気流は安定していて揺れは少なく快適でしたが、雲が多かったので、景色はあまり良いとは言えませんでした。

 

機内サービスは有料で、以前100円だった緑茶が200円になっていました。

今回、ホットコーヒーや緑茶を以前のように購入している人は見かけませんでした。

 

 

到着予定時刻よりも5分程度早く、九州佐賀国際空港に到着しました。

現地の天候はくもり、気温は26℃でした。

 

レンタカー

空港からの移動には、レンタカーを利用しました。

 

コンパクトクラスは1000円、ハイブリットクラスは2000円で24時間借りられるキャンペーンを佐賀県が実施していたので、それを活用しました。

 

www.pref.saga.lg.jp

レンタル料金2000円と保険1080円を支払い宿泊地である福岡県へ移動しました。

 

ちなみに、レンタカーの色は水色でした。

駐車してあった他のレンタカーはすべて白色でしたので、とても目立っていました。

 

www.iitxs.com

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止