interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

Xiaomiのアクションカメラ「Xiaomi Yi」レビュー

Sponsored LINK

3時間迷って購入したXiaomi Yiのレビューです。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

www.iitxs.com

 

 

あらすじ

しばらく前に台湾へ旅行に行きました。まだ台湾旅行記が完結していませんが、日本に帰ってきてからの話も含まれています。(時系列にご注意ください!)

 

お土産を購入して安心しましたが時間が余っていたので、台北小米之家というXiaomiの直営店へ行きました。

 

interact.hatenablog.com

 

そこで噂には聞いていたGoProと同等の機能で価格が半分以下というYiが展示されて、安いのに高品質に惹かれて購入してしまいました。

 

Xiaomi Yi レビュー

お店に机と椅子があって、休憩や初期設定を行うことができるようになっていたので、そこで早速開封しました。日本に支店がなく初期不良があった時が面倒なので、スペースがあるのは助かります。

 

金額は1995元(約5985円)でしたが、カードで支払いをしたので最終的な価格は6572円でした。(桃園空港のレートは3.0050+手数料30元で、カード会社の現地通貨払いレートは3.2947でした。台湾は現金レートが良いですね~)

 

 

箱はシンプルで汚れなどはなく、期待が高まります。

 

 

色はホワイトとグリーンがありましたが、高級感を漂わせているホワイトを選びました。

 

よくGoProと比較されますが、こちらは約6500円で、GoProは約5万円です。この品質でこの価格差です。数年前まで無名だったXiaomiが意外にも人気があるのも納得です。

 

 

本体にバッテリーを着けて充電します。

 

マニュアルによると撮影するのにmicroSDが必要でしたが、持ってきてない・・・。持ってきてました。Surface Pro 4にはmicroSDポートがあったので、挿しっぱなしになっていました。

 

Xiaomi Yi 2という4K対応で約2万円の新しいモデルも発売されていますが、台北店では取扱がありませんでした。「アクションカメラって良いの?」と思っていたので、4K対応よりも値段が安い方が置いてあって良かったです。

 

 

防水ケース

防水で無くても良かったのですが、ケースに入れないとレンズが傷つきそうであり、(GoProと互換の)トライポッドマウントが着けたかったので、その条件でAmazonで探すと出てきたのが今回購入した1495円の防水ケースでした。

 

Amazonは2000円未満だと気軽に購入できなくなってしまったので、プライム会員の友人に送ってもらいました。(宣伝:Amazonよりヨドバシの方が気軽に購入できます)

 

 

上の留め金を外して、本体を中に入れます。

 

 

隙間や浮きは無くとてもピッタリ収まり、防水になりました。

 

 

www.iitxs.com

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止