読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

【地域活性化】壱岐市の画期的な求人に見る本気度

Sponsored LINK

壱岐市の画期的な求人に本気を感じました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

壱岐市役所 - 壱岐市産業支援センター・Iki-Biz センター長 大募集!!

 

 

本気度が伝わる

ボランティアって都合の良い言葉ですよね。お金がないから、来る人の能力が不明だから、実績がないから。そういう人材を集めてどうしようとしているのでしょうか。

 

成果を求めるなら対価は支払うべき、という内容の記事を書いたこともあります。

 

www.iitxs.com

 

本気度や期待度は、どんな「きれい事」の言葉よりも数値で測れます。

 

挑戦者にどれくらいの予算を掛けてくれるか、いくら支給してくれるかで分かります。もちろん、直接支給される額のほかにも、一緒に活動し、対応してくれる係員の費用などの間接的な支給もありますが、だからといって支給額「無料」ではあまり本気度は感じられません。

 

しばらく前にそう書いていましたが、本気の募集をしているところがありました。それが壱岐市産業支援センターでした。

 

blog.shinma.tokyo

わかりやすくまとめてあったので、詳しくはそちらをお読みください。(丸投げ)

 

閑話休題:Apple Pay

以下のどちらがよりシェア向上に対する本気度を感じますか?

どちらも使用する額は6万円とします。

 

①三井住友カード

あなたのApple PayのiDでの利用を三井住友カードが5000円まで負担します。

f:id:interacting:20161125180143g:plain

 

②JCBカード

Apple Payを使ってもれなく10%キャッシュバックキャンペーン

f:id:interacting:20161125180147g:plain

 

本当にお得なのは

実は、上のどちらもカード会社が負担する金額は1人あたり5000円なのです。

 

「え、どういうこと?」と思われた方は正しいです。

6万円の10%は6000円で、5000円しか負担しないとは??となるはずです。

 

なんと、10%キャッシュバックには上限があり、最大5000円までなのです。つまり、カード使用者にとってはどちらも同じで5000円をプレゼントという事になります。

 

ですが、QUICPayやiDでの決済は少額になりやすいので、単純に5000円分プレゼントの三井住友カード方がユーザーの使用状況を意識しているといえます。

 

www.iitxs.com

 

やっぱり、現金プレゼントの方が直接的な表現で心に響きます。皆さんはどうでしたか?

 

本気な人を集めるには

頭数を揃えたいだけの時は別かもしれませんが、本気な人を集めたいときには相応の額を払うことが重要であるということは間違いのないようです。

 

能力に合わせて金額を払うという建前では、払う額に相応の人が来るだけです。本当に優秀な人材を集めたいときには、先に期待値で払わないといけないということですね・・・。

 

大金を払っても期待したパフォーマンスを発揮してくれないこともあり得るわけですから、募集する側にもリスクはあります。そのリスクも含めて募集する側の本気です。

 

分かっていても難しいことです。

私にとっても理想です。理想の実現にはまだ時間がかかりそうですが、いつかは実現できるように日々精進して行く所存です。

 

先の地域活性化の話だと、地方には地域創生推進交付金という名目で多額の税金が流れていると言われていますが、自分たちの私腹を肥やすのに使うのか、未来の人材に投資するのか、覚悟が出来たところから成功して行くのではないでしょうか。

 

では、また今度!

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止