interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

インドで高額紙幣の交換窓口が閉鎖

Sponsored LINK

華麗なる手のひら返し!インドでさっそく旧紙幣の交換窓口が閉鎖されました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

廃止された高額紙幣

2016年11月8日に発表されてから4時間後に、高額紙幣である500ルピー(約790円)と1000ルピー(約1580円)が廃止されたインドですが、1ヶ月経たずにさっそく新紙幣への交換窓口が閉鎖されました。

 

f:id:interacting:20161128180416p:plain

Photo by Wikipedia

 

高額紙幣の廃止は、富裕層や悪の組織が溜め込んでいる高額紙幣を無効にすることで、隠し持っている財産に大打撃を与えることが出来るという単純なことのようです。

 

交換窓口も閉鎖

現金決済が主流のインドでは、紙幣の切り替えと廃止は混乱を招いているそうですが、追い打ちをかけるように交換窓口が閉鎖されました。

 

www.afpbb.com

 

インド政府旧紙幣も年内は銀行への預金が可能なので問題ないとしていますが、そもそも銀行の支店が近くにないなどの問題もあり、一般市民にとってはとても面倒な事になっています。また旅行で訪れている人は、インドで銀行口座を開設するわけにはいかずに、困っているのではないかと言われています。

 

インドでは、不正な資金を監視する目的で、キャッシュレス社会を目指しているようですが、かなり思い切った手段です。そもそも、外貨に両替してあった場合は効果はありません。

 

最近はあまりこのような思い切った事例がないので、どうなるか楽しみです。

 

旅行者等向けの対応

交換できる環境なら速やかに銀行口座を開いたり、デビットカードの申請を行う対処を行うことを推奨します。

 

ただ、期限を過ぎてしまっても旅行者等へは「何らかの措置を講ずる」という事になっているらしいので、一切期待せずにいましょう。

 

では、また今度!

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止