読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

まるで現金決済「VISAデビット」を紹介します!

Sponsored LINK

今回はまるで現金決済な「VISAデビット」の仕組みやメリット・デメリットを紹介します。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

VISAデビット

日本では、クレジットカードが普及したため、デビットカードは主流にはなりませんでしたが、意外にもいろいろなところでデビットカード払いができます。仕組み自体は悪いものではなかったのですけど、導入コストなど大人の事情で、VISAやMasterCardやJCBやAMEXという決済業者のサービスが普及しました。

 

デビットカードの仕組みをそのままVISAの決済システムを利用できるようにしたものがVISAデビットです。

 

f:id:interacting:20161201202345j:plain

Photo by MUFG VISA Debit

 

対応しているカードには、写真のようにVISAのマークが付いています。

 

クレジットカードは中国語では「信用卡」というように個人の信用に基づいて、規定された上限額まで借金ができるという仕組みになっていますが、VISAデビットはあくまでも現金決済のキャッシュレス化の形態なので、個人の信用は必要ありませんし、借金にもなりません。

 

デビットは、仮想的な現金決済なので、取引情報が処理サーバーに届いた段階で口座より引き落としが行われます。

昔は取引情報をアナログに郵送していたことが多かったので、タイムラグが大きくVISAデビットは成り立ちませんでしたが、多くのお店で電子処理されるようになったため、VISAデビットを発行出来るようにようになりました。

 

良い点

月末に請求額の確認をして支払えるように調整したり、引き落としがエラーになってあたふたすることはありません。そして、口座に入金されている額を超える決済は「使用不可」と処理されるようになっています。限度額が口座の残高とリアルタイムで連動しているので安心です。即時引き落としなので使いすぎて払えないという状況は発生しません。 

 

借金ではないので、信用がない方や未成年でも使用することが出来ます。

例えば、海外のホテルでは保証金の支払いのためにクレジットカードを提示する必要がある場合があるなど、VISA対応のデビットカードはあると何かと便利です。(トラブルが発生した時に備えて仮請求されるが、通常はチェックアウトするときに請求が取り消される)

 

現金を落としても返ってきませんが、VISAデビットなら万が一紛失しても、コールセンターに連絡するだけでカードの利用を止められ、再発行の手続きをすることが出来ます。

 

www.visa-news.jp

VISA公式サイトには以下のようなメリットが挙げられています。

 

①現金感覚で使える!

f:id:interacting:20161201200801j:plain

 

①口座直結のシステムにより現金感覚で使えること

 

②使いすぎの心配がない

f:id:interacting:20161201200804j:plain

 

②利用可能額は口座の預金残高の範囲内で使いすぎの心配がないこと

 

③スマホで簡単チェック

f:id:interacting:20161201200808j:plain

 

③支払い毎にメールで通知が届くシステムになっているので不正利用に気づきやすいようになっていること、利用明細が簡単に見れるようになっていること、発行会社によってはキャッシュバックやポイントも付与されること

 

④ATMに並ばない

f:id:interacting:20161201200811j:plain

 

④ATMに並ぶ必要が無いこと、ATM手数料がかからないこと

 

⑤VISAマークのお店ならどこでも

f:id:interacting:20161201200814j:plain

 

⑤いつでもどこでも利用できること

 

いま一歩な点

VISAデビットを日常的に利用していたこともあるのですが、以下の点においてまだまだイマイチだなと思ったことがあります。

 

良い点といま一歩な点を比べると、大したデメリットはありませんが、使用パターンによっては不便な場合があります。

 

メリット①②関連

口座に入っているだけしか使えないことの裏返しで、事前に口座に入金しておく必要があります。

 

また、リアルタイムに引き落としが行なわれるとは言っても、極稀に取引情報をリアルタイムに処理サーバーに送信していないお店もあり、引き落としが即時で行われないことがあるので、結局のところ使いすぎには注意が必要です。

 

メリット④関連

VISAデビットの決済には手数料がかかりませんが、残高が減ってきた時に「使う前に入金しておこう」と思ったタイミングが、日曜日だったりすると最悪です。入金するだけで手数料が発生して本末転倒な状況が発生します。

 

メリット⑤関連

そして、海外でも使えることをメリットとしているVISAデビット発行会社も多いですが、通常のクレジットカードの為替手数料よりも割高に設定されていることがあるので、その点にも注意が必要です。

 

VISAのクレジットカードが使えるお店でも、VISAデビットが利用できない店もあります。使えないことを明記しているところは問題ないのですが、そうでないところは実際に決済をするまで分かりません。

 

さいごに

このように現金でもクレジットカードでもないデビットカードは使い方次第では非常に便利なものです。クレジットカードも「moneytree」や「moneyfowerd」というようなアプリを使うことでも払い忘れ等のトラブルは防ぐことができます。

 

www.iitxs.com

 

クレジットカードにしてもデビットカードにしても、生活に合うサービスが見つかると良いですね。それでは今回はこのへんで。

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by Interact Media Terminal

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止