interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

MARIO RUNが微妙な理由を1枚の画像で説明してみた

Sponsored LINK

SUPER MARIO RUNが期待はずれだった理由を1枚の画像で説明します。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

SUPER MARIO RUN

任天堂初のスマホ向けアプリとして、Appleの発表会にて派手にお披露目された「マリオラン」ですが、先駆けて配信されていたPokémon GOに比べて肩透かしを食らった感があります。

 

www.iitxs.com

 

 インストールされていない方は、としてこの記事を読んでもらえればどのようなゲームか分かります。

 

非公式の情報ですが、このタップするだけの簡単な仕組みのゲームに常時オンライン接続を要求するのは、コピー防止と言われています。ですが、さすがに笑いが止まりません。このレベルなら無料アプリで既に公開されていますので、今更何を言っているのかと。

 

走るだけのゲームであるワールドツアー部分に関しては無料の類似品や偽物が出ているので、一掃する意味も含めて、無料でプレイできる=一部プレイ無料なのかなと思っていました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

1200円という価格設定と課金方法に批判も出ています。

 

価格設定は相対的なものなので、個人差があると思いますが、あれだけ無料でプレイできることやアプリ内課金は無いと言っていたのに、蓋を開けてみたら何だこれはですよ。

 

微妙な理由

今から誰もが一瞬で理解できる1枚の画像をお見せします。

 

f:id:interacting:20161218010752p:plain

 

どうですか?一瞬で理解できましたか?

 

事前の宣伝だけを見たら、間違いなく右側を予想したと思います。ダウンロードした後で左だった事を知りました。

 

マリオランが微妙な理由は、買い切り型のゲームとソーシャルゲームの感覚の違いという説が主流ですが、私はそうではないと思います。

 

宣伝の段階で、消費者を騙した事が原因です。

 

例えば、ポケモンのサン・ムーンでは、オフライン要素のストーリーが約5000円で、オンライン要素のポケモンを過去シリーズから連れてくる部分に関しては約500円/年の課金です。安くても課金には違いありません。

 

パッケージゲームもソーシャルゲームも良心的かそうでないかという違いだけで、遊ぶ分だけ払う収益構造は似てきています。そもそも、昔ながらのフルパッケージを再現したかったなら、「無料で入手」出来る必要は無かったのでは?

 

look-down-scorpion.hatenablog.com

 

事前のインタビューの時からかなりブレているので、マリオランにどのようなターゲーット層を想定しているのかイメージが湧きません。マリオというブランドがあるからそれなりには売れているものの「二兎を追う者は一兎をも得ず」という状態になっている気がします。

 

japanese.engadget.com

 

アプリ内購入なしでも無かったですし、Pokémon GOを意識したと言われても何のことやらでした。

 

まあ、法律には触れてませんけど。

もしかしてD社から教えてもらったので・・・(以下自粛)。

 

パッケージゲームやソーシャルゲームという違い、スマホやゲーム機という違い、1200円が高いか否かという以前の問題です。無料体験版を「一部プレイが無料」と表現したことなど、誤認させる宣伝がすべての間違いの始まりだったと思います。

 

改善案

買い切りドーンでもいいですが、沢山の人に遊んでもらいたいならば、境目を「オフライン要素のワールドツアー」と「オンライン要素のキノピオラリー」という区切りにすべきだったと思います。(※マリオランでは常時通信可能であることが求められているので、厳密にはどちらもオンラインです。)

 

例えば、課金しないとコインを集めてもピノキオチケットが手に入らないようにすれば、十分ではありませんか?

 

小手先の手段ですが、数百円の有料アプリとしてワールドツアーを販売し、キノピオラリーを課金で解放という仕組みにすることで、「無料」でないことに不満を言う(星1つ評価をする)セグメントを分離することができました。

 

その無料で気軽に遊びたい層に向けて、無料を装った有料ゲームをダウンロードさせたら、それはもちろん文句言うでしょう。どうしても中途半端な無料体験版が出したかったならば、別のアプリにした方が良かったと思います。

 

もし分離して販売した時に、総額が1200円で販売できないレベルなのであれば、それはそれで問題です。中身のないゲームを買ってもらえるという考えが甘いです。

 

良いゲームかつ欲しいゲームなら多少高くても購入する、ソシャゲ無課金主義ですが、マリオランは「微妙」で購入に悩んでいます。

 

では、また今度!

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止