interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

批判意見と誹謗中傷は違う?

Sponsored LINK

批判と誹謗中傷はどう違うのか辞書で調べてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

批判意見と誹謗中傷は違う?

最近に限った話ではないですけど、つまらないことで炎上させて何が楽しいのか分かりません。某ドラマ風に言えば「私、炎上しないので」経験がないためなおさら分かりません。

 

今回はルールやマナーを守るようにといいたいわけではないです。むしろ言いたいことを言うのは別にいいと思いますよ。それが個人ブログですから。

 

ただ、批判意見と誹謗中傷を履き違えているのは見るに耐えません。

 

誹謗中傷がしたいなら、批判を隠れ蓑にしなくてもいいでは無いですよね。しれっと「反対意見を言うことの何がわるい」と開き直るのはやめませんか。

 

f:id:interacting:20161225201606p:plain

 

せっかくの機会なので何が違うか辞書で調べてみました。

 

批判意見

ベネッセ表現読解国語辞典(2006年・第11刷)

批判

物事をよしあしを深く考え、その価値を評価・判定すること。特に、否定的な評価をすること。

 

ついでに、類語として掲載されていた意味が似ている批評も載せておきます。

批評

物事のよしあしについて、考えを述べること。また、その考え。

 

三省堂国語辞典(昭和47年・第102刷)

批判

(わるいところを)根本的に批評すること。

 

こちらも批評を載せておきます。

批評

(わるいとところなどを)取り上げていうこと。

 

誹謗中傷

ベネッセ表現読解国語辞典(2006年・第11刷)

誹謗

人の悪口を言うこと。

 

中傷

わざと根拠のない悪口を言って、他人の名誉を傷つけること。

 

三省堂国語辞典(昭和47年・第102刷)

誹謗

そしること。

 

中傷

わざと・(不当に)人のことをわるくいってその名誉を傷つけること。

 

根拠があるかないか

辞書で調べた結果、批判はわるいところなどを取り上げていうことで、誹謗中傷は不当に悪く言って名誉を傷つけることでした。

 

特に批評や批判のニュアンスが変わっているように感じました。昔は、直球で「悪いものは悪い」で良かったようですが、最近では深く考えるという文言が追加されています。

 

つまり、根拠があれば批評で、根拠が無いものが中傷ということです。

辞書が手元にある方はぜひ確認してみてください。なんと書いてありますか?

 

昔の感覚のまま、「◯◯が悪い」と言うと批判では無く誹謗中傷になってしまいます。※特に根拠が無い場合は。

 

誹謗中傷は場合によっては名誉毀損で訴えられることもあります。そうなったらルールやマナーのような生易しい話では済まなくなってしまいます。

 

批評する際には、個人攻撃にならないようによく吟味した上で、公開しましょう。

 

ドメインオーソリティー事件

とあるブログのA氏がB氏を間接的に誹謗中傷する事件がありました。

 

A氏は「ブログの価値が低い=ドメインの価値が低い」と仮説を立てました。そして、ドメインの価値を測れると謳っているサービスを利用して、B氏のブログはドメイン価値が低いから品質が低いと断言してしまったのです。

 

f:id:interacting:20161225201712p:plain

 

ここまでみたら、根拠があるので批評のようにも取れますが、比較に使用していたサイトに問題がありました。

 

そもそも、ドメインの価値が測れるといっても、検索エンジンが集めている情報の一部を一般公開されている情報を元に解析したもので、信憑性は限りなく低いものです。

なぜなら、検索エンジンのアルゴリズム設定を正確に理解できている人はこの世に存在しないからです。誰もその解析情報が正しいと証明できません。そんな不確実なデータを用いて「分析」したところで、あいつが気に入らないと言っているだけに過ぎません。

 

本件について詳しくはこちらをご覧ください。

s-supporter.hatenablog.jp

 

はてなブログで相手を呼び出したいなら、分析なんて言葉を隠れ蓑にする必要はありません。何の脈絡もなく呼び出しても怒られなそうなひとで試して見ましょう。

 

id:tusagi さん。こんにちは。上上下下左右左右BA。」とidコールするだけです。そして、こう言うのです「跳ねないうさぎに職はないね」

 

何も上から下まで掲載して、マイルドにしなくても狙い撃ちできますよ。このようにidとコメントを書くだけです。(やはり怒られるかも)

 

よくソースが大切と言われますが、客観的かつ絶対的な根拠がなければ、批評ではなく単なる誹謗中傷になってしまうからです。ともかく、A氏は根拠のない情報を元に評価しているので、その記事はB氏を誹謗中傷をしているといえます。

 

ただ、誹謗中傷された時に怒りたくなっても、冷静に淡々と何が問題なのか解説した方が賛同が得やすいと思います。冷静に!

 

www.pojihiguma.com

 

私も気をつけるようにしなければ。

それでは、また。

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止