読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interact

旅行&PC+その他なんでもありなブログ

「Harthstone」という元祖カードゲームアプリを遊んでみた

Sponsored LINK

「Harthstone」という元祖オンラインカードゲームを遊んでみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

Harthstone

友人が面白いと騒いでいたので、ちょっとだけ遊んでみることにしました。オーバーウォッチというFPS(1人称視点)ゲームを開発していることでも有名なBlizzard Entertainment Inc.が2014年にリリースしたオンラインカードゲームのアプリ版です。

 

us.battle.net

 

もともとはパソコンのゲームでしたが、カードゲームという性質上、処理能力は求められないので、2015年にスマートフォン版も公開されました。ちなみにパソコン版とアプリ版のデータは共有されているので、状況にあわせて好きな端末で遊ぶことが出来るようになっています。

 

元祖オンラインカードゲーム!

このハースストーンが無ければ、シャドウバースというアプリはこの世に存在しなかったでしょう。それほどその2つは瓜二つとても良く似ているらしいのです。

 

早速、起動してみました。

 

 

起動すると「Blizzard Entertainment」と、

 

 

続いて「ハースストーン」のロゴが表示されました。

 

 

箱状の画面でオープニングムービーはストップします。タッチするとゲームが続行します。

 

チュートリアル

 

このゲームは中央上部にいる敵リーダーの残り体力値を0にしたほうが勝ちです。写真の段階では、敵は28HPで私は22HPでした。

 

手札の左上についている青い数字が、手元から場に出す際のマナ(出場コスト)で、右下の青い4/4と書かれているのが所有するマナの数です。ターンが進む毎に最大10マナまで温存することが出来ます。

 

場に出ているカードの左側の剣が刺さっている数字が攻撃力で、右側の赤い血の数字がHPです。

 

攻撃力が敵HPを超えている時はHPが減少しますが撃破でき、攻撃力が敵HPと同じ時は相討ちになります。逆に攻撃力が敵HPを超えている時は、攻撃力と同じだけ敵HPを減らすことが出来ますが、返り討ちにあいます。

 

敵のリーダーを攻撃する時にはこちらのHPは減らず一方的に攻撃できます。

 

ミニクイズ

 

この状況の時はどう動きますか?

正解は、敵のリーダーを攻撃するです。場に多くのカードが出ていても、敵リーダーの体力値を0にしたほうが勝ちなので、攻撃力6の味方カードで残りの体力が3しかない敵リーダーを攻撃します。

 

eスポーツ

特殊攻撃カードや回復カードもありますが、基本的には攻撃カードで敵リーダーの体力を0にした方が勝ちという単純な仕組みです。

 

コンピューターの計算による運もありますが、どちらのプレイヤーも同じ条件で戦うことになるので、多額の賞金がかかった世界大会が開かれています。プレイヤーの持ちカードと戦略次第を競います。ルールさえ分かればかなり盛り上がるらしいです。

 

www.youtube.com

 

公式のYoutube Channelで、上級プレイヤーの対戦様子を見ることが出来ます。

 

eスポーツは日本ではあまり活発ではありませんが、例えていうなら、敵味方どちらも同じ条件で戦うという点で、将棋の対局やサッカー試合と似たようなものです。

 

コンピューターゲームはサッカーや将棋と比べて格下に見られがちですが、コンピューターが関与している事以外は同じです。コンピューターが関与しているというもののあくまでも「麻雀の自動卓」(シャッフルして並べてくれる)のようなもので、プレイヤー同士は頭脳戦なのです。

 

カードゲームは簡単に言えばじゃんけんなので、どのカードをどの順番で出すかによって戦局は大きく変わります。ターンの制限時間は90秒で、1局はおおよそ10分程度で決着がつきます。

 

世界大会では総額100万ドルの賞金が用意されています。

一攫千金を狙って挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、今回はこのへんで。

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止