interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

Googleリアルタイム翻訳で「日本語から英語へ」の翻訳を試す!

Sponsored LINK

f:id:interacting:20170127214555j:plain

 

Google翻訳の新機能を使って「英語を日本語」に翻訳する人が多かったので、「逆」に挑戦してみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

Google翻訳アプリ

文字をキーボード入力や手書き入力して翻訳したり、音声から翻訳したり、はたまた画像をその場で撮影して翻訳したりすることができます。

 

 

(有隣堂を知らないのか・・・(´・ω・`))

 

そんな便利なGoogle翻訳アプリに、Google翻訳アプリのアップデートがあり、今までの画像翻訳を超えるリアルタイム画像翻訳機能が追加されました。今までのように画像を撮影して翻訳したい文字を選択するのではなく、かざすと文字が自動で翻訳されます。

 

再インストール

早速、試そうとして最新バージョンに更新したのですが、バグか何かでリアルタイム翻訳機能が使えなかったので、再インストールを行いました。

 

旧バージョンのアプリを入れていた方は一旦削除して、インストールし直すことで、新機能が使えるようになります。オフラインデータはすべて削除されますので、通信が不安定な海外にいる場合などのタイミングにはお気をつけ下さい。

 

 

起動するとシステム設定が日本語の方は「日本語のオフライン辞書」をダウンロードするように勧められます。

 

 

容量は最新のバージョンでも44.2MBですので、オフラインでも使える利点を考えるとダウンロードしておく事をおすすめします。※英語は始めからオフラインデータがダウンロードされていました。

 

リアルタイム翻訳

 

アプリをインストールし直したので、改めてカメラへのアクセス許可をする必要があります。許可しないとこの画像のように真っ暗な世界が広がります。

 

今回はスクリーンショットを撮影するために「一時停止」ボタンを利用していますが、実際にはすごい勢いでいろいろな文字との一致を試行しているようで、パッパッと次から次にと表示が変わったり、もとに戻ったりします。なので、もっとも表示が多かったものを撮影しました。

 

フワッフィーをリアルタイム翻訳

 

ドーナツ型のかわいいソフトクッキーと書かれている文字列をリアルタイム翻訳すると、何故かドーナツだけが翻訳できず、型をTypeと訳したり省略したりしていましたが、もっとも多かったのはドーナツ型を省略「cute soft cookie」でした。端折ってますが意味が通じるので合格ですね!

 

ちなみに、従来の画像翻訳モード(撮影してから翻訳する)へ戻すには画面下部にある緑色の目のアイコンをタッチすると切り替えることができます。上部が緑色から灰色に変化します。

 

 

ミルククリームは「milk cream」になりました。おっと、上に英文が書いてありました。わざわざ訳す必要はありませんでしたね・・・。

 

 

背面のアレルギー表示を写してみました。順番は「小麦」「卵」「乳」「大豆」ですが、卵と乳が・・・

 

 

袋にある皺の角度を変えてみたらしっかりと翻訳されました。「wheat」「eggs」「milk」「soy」すべて正解です。

 

アレルギー物質は「Allergic substances」として単語としてはっきり翻訳されていて意味が分かるのでこちらも合格でしょうか。

 

www.iitxs.com

 

レシートをリアルタイム翻訳

 

とあるお店のレシートはこのように翻訳されました。領収書はしっかりとreceiptと翻訳されましたが、お店の名前が「no」とは一体何のお店なのでしょうか・・・。

 

さて、このお店はどこでしょう?

 

※中間の商品名は上手に翻訳できなかったので割愛しました。商品名がわからなくても価格で判断できるので問題ないです。

 

 

お店の名前が今度は「no products」になりました。「すべて税込価格です。」は「all tax price」とシンプルになりました。なんとなく意味が通じるので良いでしょう。

 

 

なるほど「MUJI passport ID」が無ければどこのお店なのか判断つかないところでした。ちなみに、翻訳された言葉は「積算マイル数」と「ポイント残高」です。

 

www.iitxs.com

 

とうきびチョコをリアルタイム翻訳

 

とうきびチョコは表面に英語が書いてあったので、日本語に翻訳してみました。あのおしゃれなパッケージがパチモノのようになってしまったのは使用フォントの問題でしょうか。

 

コーンチョコレート

それは新鮮な特別に作らの、自然の風味軽度とおいしいです。

 

横の「HOKKATTイド語」って何語なのでしょうか?話せる方がいらっしゃいましたらご連絡お待ちしています。

 

 

原材料名の1行目は、とうもろこし、砂糖、ココアバター、全粒粉でしたが「Sugar this」になってしまいました。

 

アピールするべきは砂糖ではなくとうもろこし!脱脂粉乳は「fats」と脂肪そのものになりました。脱が無くなって、意味が正反対になりました。

 

www.iitxs.com

 

おまけ:苦い終わり

 

食べやすい!

新しい感覚の形。

沖縄の自家製ラードを使用。

私は国産の小麦粉*1を使っています。

貼った素材は苦い終わり、

私たちの自慢です。

 

最後の方で意味不明な事を言い出していますが、概ね通じるので問題ないと・・・。それにしても、materials stuck to the bitter endでは別物ですね。

 

www.iitxs.com

 

オフラインでしかもリアルタイムで翻訳してくれるのは凄いのですが、今後の辞書データの更新を期待します。お店の名前にしても、原材料の名前にしても相変わらず「名詞」が弱いかなという印象でした。

 

翻訳アプリの中ではかなり高精度なので、インストールしている人も多いと思いますが、苦い終わりには気をつけて下さい。

*1:flourは粉や小麦粉という意味らしい。もちろん知ってた。

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止