interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

2017年1月度の人気記事

Sponsored LINK

f:id:interacting:20170203152722j:plain

 

今回は2017年1月度の人気記事をご紹介します。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

 

2017年1月の人気記事

5位(おもしろい記事とつまらない記事)

www.iitxs.com

前月:新規↑

 

4位(フィリピン)

www.iitxs.com

前月:5位↑

 

3位(野柳地質公園)

www.iitxs.com

前月:1

 

2位(地酒と観光資源)

www.iitxs.com

前月:新規↑

 

1位(Nintendo Switch)

www.iitxs.com

前月:新規↑

 

記録

読者様:43名→67名(末日時点)

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

昨年末の12月は検索流入と読者の皆さんに支えられて、比較的クローズドな環境で更新を継続してきました。今月は、地方観光の目玉に地酒はどうなのかと思い書いた記事「地酒は地方の観光資源として活用するのに向いていないのではないか?」がはてな関連サービスに取り上げられたことで、非常に多くの方にお読み頂きました。

 

オピニオン系の記事は読まれないという記事を何処かで見たような気がしますが、決してそういうわけではないということが分かりました。もちろん炎上ほどは読まれませんが、普段の平均アクセス数からすると約4倍のアクセスを記録しました。沢山の人に本当に伝えたい事を正確に伝えることができたので、個人的にも非常に満足度の高い記事でした。

 

その後に書いた「おもしろい記事とつまらない記事の違いについての考察」は、もともと著者の魅力を高めたり、キャラ設定をする事によりアクセス数を伸ばすハウツー記事に対する違和感から筆を執った記事でした。ブログにおいては記事の魅力の上に著者の魅力があるのに、それを無視してキャラ設定を推奨するのはどうなのかなという違和感はこれからも忘れずに肝に銘じておきます。

 

Switchの記事は10社あった時に10社ともプレスリリースを文字起こししたものを掲載していて、つまらなかったので自分だったらこういう記事が読みたいという理想の記事を作って見ました。出荷台数ね。そのうち何%が売れるのでしょうか。

 

1月度のコメントを要約すると、

  1. オピニオン記事は決して読まれないわけではない
  2. キャラ設定や著者の魅力は、記事の魅力よりも大切なのでしょうか?
  3. 理想の記事を書いてみた

 

余談ですが、読者登録返しに関する記事も非常に興味深いものでした。身近にあるからか、当たり前過ぎてそこに触れる人が少ない読者登録の新しい知見です。

読者登録返しとはてな疲れ - いきがいさがし

 

いつもの読者の皆さん、初めましての読者の皆さん。お読みいただきありがとうございます。これからもよろしくおねがいします。

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止