読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

はてブに要望「返信出来るようにして欲しい」

Sponsored LINK

f:id:interacting:20170204230802j:plain

 

はてなブックマークに要望です。ブックマークコメントに返信できるようにして欲しい。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

ブックマークコメント

このブログでも採用している「ブックマークコメント」という機能をご存知でしょうか?どのブログでも著者と気軽に交流できるツールとしてコメント欄がありますが、それのソーシャル版です。はてなブックマークというソーシャルサービスを活用したコメント欄で、規定数のブックマークがあると多くのはてなユーザーの目に触れる状態になります。

 

ブコメを採用しているのは「通常のコメント欄よりも管理が楽」という理由もあります。具体的には誰でも単に悪質なコメントする人を恒久的に非表示することができます。

 

承認か削除のいずれかしか選択肢のない従来のコメント欄とは違い、ブコメには多彩なオプションがあります。そういうこともあり、「100文字制限」や「ブックマークすることへの抵抗」など、読者の皆様には若干の不便を強いているのですが、ブックマークコメントを導入しました。

 

返信出来るようにして欲しい

さて、そのブックマークコメントを利用していると特定の人に向けて「簡単な返信」をしたいと思う時があります。現状ではブックマークをブックマークする「2階」という手段もありますが、それではソーシャルサービスとしては洗練されているとは言えません。

 

なぜなら多くの場合で「2階」は元記事をブックマークして炎上に加担することを避ける目的で使用されています。つまり、元記事やそれに対するコメントから一歩離れた場所なのです。そんな場所に前後のつながりを必要とする「返信」を書いたところで、どういう意図を持って書かれたのか判断するのはとても難しいと思います。分断されたコメント欄には文脈や行間が存在しないからです。

 

ブックマークの単なるメモという使い方やコンセプトも分からないわけではありませんが、ブログとの連携を進めてさらなるユーザーの獲得を目指していきたいと考えているのなら、ぜひコメントに返信できるようにしてほしいなと思います。少なくとも今のブックマークコメントは、ブログなどのコメント欄としても、単に記録のためにブックマークするにしても、中途半端なサービスになってしまっています。

 

f:id:interacting:20170205210115j:plain

はてなブックマークブログパーツ

 

「今だってidコールやパーマリンクから返信できるから(追加の返信機能は不要)」という意見も分かりますが、それらが分断されている仕様だからこそ、誰が見ても連続性のあることが認識できる返信欄が欲しいと思ったのです。

 

※そもそもですが、はてなハイクは使用ユーザーが少なすぎて話になりませんし、Twitterはリアルタイム性が高すぎるので、ブックマークへの返信には向きません。

 

返信は重要!!

返信するということはコミュニケーションを取るという事です。取り留めの無いことを言い捨てるだけならあの落ちぶれた大掲示板や増田(はてな匿名ダイアリー)で十分です。はてブはコミュニケーションするための会話ツールではないと言う人もいますが、実態は会話ツールそのものです。それが正しいかとは別に多くの人にそういう使われ方をしています。

 

ブログへのコメントというのは経験上「感謝系」「反発系」「疑問系」「連絡系」にわけられますが、どれも当てはまると言えばそうかもしれませんが、その中でも特に「疑問系」と「連絡系」は特に本文を読んでくれた上でのコメントになると思います。

 

みなさんも自分の事に置き換えて考えてみてほしいのです。 感謝系とブーメランになりそうな反発系は返信を求めて投稿するのでは無いのではないかと思いますが、疑問系と連絡系は何らかのレスポンスを期待して投稿していませんか?

 

疑問系はいわゆる「質問」コメントです。連絡系はこんなのもあるよというような「提案」コメントです。そういったコメントには積極的に返信していきたいなと、私の知識が役に立てるなら、その機会は大切にしたいと思います。だから、返信することは重要なのです。

 

現状の対応策

ないものねだりしても仕方がないので、現状は現状でできることで対応しています。当該記事にコメント返信欄を設けてidコールで返信してみたり、コメント返信のための記事を投稿してみたりしました。

 

最終的にはセルクマで返信することに落ち着いているのですが、文字数の制限があるため、1人か2人への返信が良いところです。なぜ、セルクマ返信に落ち着いたのかというと、以下の通りです。

 

意見の要点

セルクマ返信の利点は、あくまでもはてなブックマークというサービスから離れないので、訪問者は特別な追加動作を要求されることなく、自然にコメントとその返信を確認することができる点です。しかし、冒頭でも述べた通りで、文字数制限がある為、思ったようには返信が出来ない状況に悩まされてきました。

 

セルクマ返信以外の返信方法は以下の理由から、難がありました。

  • 「記事」にブコメを引用して載せると、飛ばし読みする人がいるので、本文の意図している内容と理解がずれてしまうことがある。
  • 「idコール」及び「2階」や「ブコメのブックマーク」はコメントしてくれた当事者以外の方には伝わりにくい。

 

はてなブックマークというコミュニティに対するコメントに対する返信は、コミュニティに向けて行うのが筋だと考えています。そうすると、ブコメに返信コメントをつけられるようにしたら良いのではと思いました。

 

前後の流れを考えずに「どんなに厳しい言葉でも言いっ放しでOK」(手斧を投げる)という状況を好むユーザーには喜ばれていないようです。確かに、返信機能がついたら積年の何かがブーメランのごとく跳ね返ってくる可能性が否定できないので、居心地の良い話ではありませんね。

 

拝啓 はてなブックマーク運営様

私は技術面については詳しくはありませんので、技術的な提案はできませんが、是非コメント返信欄の実装を検討していただきたく思います。個別にはてなスターをつけることが出来るのですから、仕組みとしては個別の返信もそんなに難しいことではないのではないかと思ったりしています。(それに増田には返信機能がありますよね?)

 

何も設定しない「デフォルト状態ではコメント返信できないようにする」などのような選択式にすれば、従来からのユーザーにも配慮できると思います。実装か実装見送りのオンかオフではなく、是非それぞれの妥協案をお願いします。

 

f:id:interacting:20170205210127j:plain

コメント欄でコミュニケーション - はてなブックマークヘルプ

 

個別に返信できたら今以上にはてブを介した「コミュニケーション」が可能になるのではないでしょうか。(少なくとも、可視化によってブックマークによる不用な煽りは減ると思います。)

 

多くのソーシャルサービスはコミュニケーションツールとして発達してきたので、はてなブックマークも重点をそこに置けばさらなる成長が期待できるのではないでしょうか。

 

いちユーザーとして、さらなるサービス品質向上への取り組みを応援しています。

 

敬具

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止