interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

ドーハでトランジット!カタール航空 QR147便 ドーハ→マドリード(2017年2月)

Sponsored LINK

ドーハ乗り継ぎで市内を満喫した後、深夜便でマドリードへ向かいました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ポルトガル旅行記2017(スペイン編) その9
日時 2017年2月12日(日)
場所 カタール/ドーハ・ハマド国際空港
期間 2017年02月09日~02月16日
目次 2017年ポルトガル旅行記(カタール編)【目次】 - interact
2017年ポルトガル旅行記(スペイン編)【目次】 - interact
2017年ポルトガル旅行記【目次】 - interact

 

 

 

ドーハ乗り継ぎ

 

前回まででカタール編は終わり、スペインに向けて出発します。チェックインは成田で済ませてあるので、出発ゲートにまっすぐ向かいます。ちなみに、大きな荷物も成田から預けっぱなしにしました。

 

「ドーハのクマ」

 

他の方の旅行記を見ても、このクマの写真を撮るのがお決まりのようです。

 

 

かの有名なガイドブック「地球の迷い方」には写真撮影は要注意と書かれていましたが、テクノロジーの進歩によって文化が変容しつつあるのを目の当たりにしました。

 

#世界の空港 ベスト10

#中東の空港 No.1

 

 

近くで見ると卓上ライトが貫通していることが分かります。まるでゲームの世界。

 

 

2014年に建てられてまだ新しいという事もありますが、清掃が行き届いていて快適な空港です。乗り継ぎも曲がり角には係員が立っているので迷うことはありません。

 

Al Maha Lounge

 

ドーハ・ハマド国際空港のカードラウンジはクマの右奥にあるエレベーターで上階に移動するとあります。ここではシャワーを浴びることもできます。タオルやボディソープ等は用意されているので、のんびりとシャワーを浴びました。

 

 

あと、注文するとパスタを作ってもらえます。メニュー表がさり気なく置いてあるので、気づかない人も多そうでした。結構量があったので満足です。

 

使用機材

便名:QR147

登録番号:A7-BCQ

モデル:Boeing 787-8 Dreamliner

運用開始:2014/10~

 

flyteam.jp

搭乗開始 初のB787!

 

ゲートの近くにはおしゃれなタイル飾りがありました。

 

 

昼間は曇り空でしたが、ついに本格的に降ったようです。外は小雨に見舞われていました。

 

 

ついにB787に乗ることが出来ました。なかなか乗る機会がなかったので楽しみです。登録番号で検索するとこの機材は時々羽田に飛来しているようです。もしかしたら見たことがある機材かも!?

 

 

タッチパネルが2つついています。もちろんUSBの充電用ポートも完備です。欠点としては、エコノミークラスなのに予想以上に席が倒せてしまうのが原因で、事前情報通りB777よりも圧迫感がありました。

 

 

客室内の照明はLEDで色も自由自在なのが特徴です。搭乗してから違和感なく暗くなって行き、ついに室内の照明は消えました。

 

 

機中からも新市街地の高層ビル群が見えました。よく見たらイスラム芸術美術館も見えます。小刻みに揺れるので、写真が撮りにくい。とまれ!

 

 

機内食1回目

 

離陸後に夜食が出ました。メニューは、マフィン、エンパナーダです。見た目は地味ですが、結構ボリュームがありました。

 

機内食2回目

 

到着前には朝ごはんです。メニューは、ブレッドプディング、クロワッサン、ヨーグルト、カットフルーツでした。ブレッドプディングはパンにしっかりと染み込んでいて良かったです。しかし、甘いものが苦手だと厳しいなと感じました。

 

 

ひと通り食べ終わった頃に、今まで寝ていたはずの隣の人が「ブレットプディングでないもの」を所望したため、ちゃっかりと頂きました。今度のは玉子焼きといもとソーセージが入っている普通の朝食でした。

 

マドリード=バラハス国際空港

 

空港のWi-Fiは無料ですが、接続するのに登録が必要でした。面倒だったのでこのときは接続しませんでした。

 

 

第4ターミナルのサテライト(T4S)に到着しました。「T4S」は「T4」から東に2kmの場所にあります。距離が離れているので移動に時間がかかります。

 

 

歩いて、歩いて。

 

 

今度は乗り物での移動です。

 

 

ようやく着いたT4にあるターンテーブルで預けた荷物を受け取ります。

 

T4の荷物保管所

 

出口を背にして左方向へ進んでいくと、端の端に荷物を預かってくれる場所(写真では赤い消火器のあるあたりに入口)があります。ちなみに、左に見えているのは目印にちょうど良い「遺失物カウンター」です。

 

 

市内に出る前に大きな荷物は預けていきます。荷物ひとつにつき24時間以内で10ユーロです。これで手軽に観光ができます。

 

次回は空港から移動して、世界遺産の街に向かいます。それでは。

 

www.iitxs.com

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.
supported by delightplan Project.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止