読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interact

旅行記やレビューなどなど全力でお伝えする情報サイト

シントラ駅からユーラシア大陸最西端の「ロカ岬」へ

Sponsored LINK

シントラからバスでロカ岬に向かい夕日を見たあと、シントラ駅へ戻りました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ポルトガル旅行記2017 その19
日時 2017年2月13日(月)
場所 ポルトガル/リスボン市内
期間 2017年02月09日~02月16日
目次 2017年ポルトガル旅行記(カタール編)【目次】 - interact
2017年ポルトガル旅行記(スペイン編)【目次】 - interact
2017年ポルトガル旅行記【目次】 - interact

 

 

 

シントラ駅前から

 

シントラをひととおりまわって、駅前に戻ってきました。このあとは別系統のバスに乗ってユーラシア大陸最西端のロカ岬という場所に向かいます。なお、系統番号は103です。

 

ユーラシア大陸最西端のロカ岬

 

ついに大きなユーラシア大陸の端まで来てしまいました。反対側の東端はなかなか難しそうですが、西端はリスボンから日帰りで気軽に行けます。

 

 

この日は残念ながら雲が多く、夕陽を見ている事ができませんでした。

 

 

ヨーロッパ最西端を記念するモニュメントがありました。モニュメントに刻まれている「Onde a terra acaba e o mar começa」は「ここに地終わり海始まる」という意味です。海の向こうはポルトガル領の諸島、そしてアメリカ大陸があります。

 

 

1772年に設置されたポルトガルで3番目に古い灯台です。現在は「光」のみ稼働していて、霧笛サイレンや無線設備は停止されています。

 

 

 

どこの国でも岬といえば断崖絶壁があります。崖の縁まで行って記念撮影している人もいましたが私にはそんな勇気はありませんでした。

 

 

日没の時間

 

少しずつ暗くなってきましたが、陽が地平線に沈みゆく様子は確認できませんでした。

 

f:id:interacting:20170319175626j:plain

Photo by Wikipedia

 

日本語版Wikipediaの説明には撮影場所が載っていませんでしたが、どうやらロカ岬で撮影されたもののようです。ロカ岬はこのような景色を見ることもできる場所です。

 

 

最西端証明書

 

バス停の近くにあるショップで最西端到達証明書が有料にて発行してもらえます。5ユーロのパンフレット状の証明書と10ユーロの立派な証明書から選べて、名前や日付が入ります。

 

続・シントラへ

バスでシントラ駅まで戻ってきました。着いた頃にはすっかり暗くなっていて、名所がライトアップされていました。※昼間の様子は前回の記事をご覧ください。

 

 

Fonte Mourisca

 

道路の拡張工事の際に取り壊した噴水があった場所に建てられた記念碑です。昼間はこの付近にある「ハートの椅子」とならんで写真撮影している人が絶えない場所でした。

 

ムーア人の城跡

 

上の方にムーアの城跡が見えます。ライトアップされていて暗闇に映えていました。

 

シントラ宮殿

 

シントラ宮殿は地図を見るとバスを待つ間に着いてしまう程度の距離だったので、歩いて王宮を見に行きました。

 

この宮殿は山の上にあった城とともにムーア人が使用していた城が源流となっています。現在残っている建物は1415年のジョアン1世の頃に建設されました。1910年に共和国制に移行するまで実際に使用されてきたため、保存状態の良い中世の城として世界遺産に認定されています。

 

 

シントラから帰る

 

日が落ちてからも、ちらほら歩いている観光客がいるので危険という感じはしませんでした。夜に歩くと危険と言われている国も中心部は似たような状況だったのを思い出します。

 

 

 

さて、リスボンの市街地まで戻ります。乗換なしで移動できる近郊都市に観光スポットが密集しているのは、周りやすいのでナイスです。

 

www.iitxs.com

Copyright © 2017 interact All Rights Reserved.

本文・画像・ソースコードの無断転載禁止