中華製の安いBuletooth防水スピーカー「SINDAXスピーカー」レビュー

中華製の安いBuletooth防水スピーカー「SINDAXスピーカー」を使ってみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

中華製SINDAXスピーカー

この記事で紹介するのは中華製の防水Buletoothスピーカー「SINDAX 高音質 Buletoothスピーカー」です。型番みたいなものはありません。同じような性能の防水スピーカーと比較すると、およそ三分の二の価格で購入できるという安さが取り柄です。今回はSINDAX様より提供していただいたのでレビューします。

 

 

箱潰れも中身はセーフ

中身はしっかりと守られていたので本体に凹みや傷はついていませんでした。もっとも、本体もアウトドアで使える頑丈そうな作りになっているので、多少の凹み程度では故障することはなさそうです。

 

内容物一覧

  • 本体
  • 充電用ケーブル
  • 3.5mmオーディオケーブル
  • 説明書(英語)

説明書は英語ですが、Buletooth接続の仕方や、音楽の再生停止は他の機種と全く同じなので問題ありません。

 

機能は豊富だけど・・・

音楽を再生しようと電源ボタンを押してBuletooth接続しようとしましたがうんともすんとも言いませんでした。充電がなかったようです。開封したらまずは充電から始める必要がありました。

 

充電は側面についているキャップを開けるとMicro-USBポートがあるのでそこから行います。他にもUSBやオーディオジャックがあります。オーディオジャックからの接続を試してみましたがなぜだか音が出ませんでした。説明書の手順通りにモード切替の操作しているのにかかわらず駄目だったので、諦めてBuletooth専用で使用することにしました。モード切替は「自動」にするか「つまみ」式にして視覚的にわかりやすくしたほうが良いのではないかと思いました。

 

音の重なりに弱い

およそ2時間の充電の後に接続し、音楽を再生してみました。電源ボタン長押しをすると周囲のデバイス一覧にスッと現れました。ワイヤレス接続の感度は良好です。接続は簡単で、接続後にはバッテリー残量も表示されていました。

 

端末の方では音楽を連続再生する設定になっているのですが、曲が終了するとスピーカーの音量が勝手に最低になってしまいます。もしかすると設定で変更できるかもしれないですが、微妙に不便です。完全な水没までは試していませんが、ザーッと水がかかる程度なら問題なく利用できました。

 

音量は大きく満足ですが、音質は値段相応という感じでした。曲の中で高音と高音が低音と低音が重なると音が消えたようになります。音の重なりに弱く、音程に上下がある音楽は向いていないようです。そこで、映画を再生して見たところ全く問題なく再生できました。映画は音楽と違って音の上がり下がりがそこまで激しくないので、普通にスピーカーとしての役目を果たしていました。

 

重低音が割としっかり!中華Bluetoothイヤホン「ZENBRE E1」レビュー 安価でそこそこの性能「FUNAVO LED光源ミニプロジェクター」レビュー

 

おわりに

同じように防水でワイヤレス接続ができるスピーカーと比べると値段は圧倒的に安いです。メインスピーカーとして利用するにはイマイチですが、バーベキューやキャンプのために屋外に持って行ったり、お風呂場で使用したりと、少々過酷な環境下で使用したいなら値段も安いので悪くないと思いました。

 

音質は期待しないほうが良いですが、コスパは高いです。

 

コメントを残す