祝100記事!!満足度のPVと愛着度の交流

祝100記事達成!!満足度のPVと愛着度の交流についてです。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

PVを増やすこと

この記事は100記事目ではありません。台湾の旅行記が人気のようでしたので、そちらの投稿を優先していたら過ぎてしまいました。

旅行記はいわゆる「バズる」ことはないので、PVの大幅な伸びは期待できませんが、じわじわと検索流入があります。情報は必要な人の元に届いてはじめて意味があるようになりますので、成果が出ているのは嬉しいです。

 

100記事超えて分かったことは、ある程度の公開記事があれば雪だるま式にPVも増えていくということです。検索エンジンに登録された入り口の数(=記事の数)が増えることで、PVは増えます。よく記事の数を増やす事がPV増加への近道と言われますが、たしかにそのとおりでした。PVに関しては。

人間だけでなくGoogleの検索エンジンも文章を評価します。評価の基準は満足度です。つまり、文章に対する満足度が高ければ検索流入が増えるのでPVは増えます。

 

交流を増やすこと

はてなユーザーとの交流(や読者登録)は違います。例えば、当ブログの場合は14名の方が「面白いからまた見に来よう」や「応援しているよ」という意味を持って登録してくださってます。

 

きっかけが無ければ登録される事がないのに、どれほど面白い記事を書いていても気付かれにくくなりました。同じ内容の記事があった時に(例え自分のほうが先に書いていたとしても)登録の多いほうがピックアップされます。全く困ったことになりました。

 

有名な漫画風に言うならこうです。

ところがどっこい・・・夢じゃありません・・・!

現実です・・・これが現実・・・。

交流は書いた自分の意志のみで発生するものではないので、記事に(1)接触 (2)興味を持つという手順を必ず踏みます。それらをあわせたものの指標がおそらく「エンゲージメント」(愛着度)です。

 

交流には「エンゲージメント」が必要です。愛着度が低ければ交流には繋がりません。

 

そもそも接触が起こらない今の「はてなブログ」ではどう対応したらいいのか分かりません。

 

まとめ

満足度のPVと愛着度の交流

PVは満足度、交流は愛着度の高さによって活発化します。簡単に書いてますが、それが難しいのです。だから達成しているブログを見るといつだって感心します。

 

これが100記事書いてようやく理解できたことです。

 

余談ですが、収益はどちらかと言えば満足度に紐付けられているようです。愛着度はお金になりません。きっと誰かが同じことを書いていて、そちらのほうが注目されているかもしれませんが、それでもこの記事を公開します。100記事を過ぎた記念に。

 

毎度のことですが、皆さんこれからもよろしくお願いします。

コメントを残す