NEW GAME!!最終話でちらっと映った羽田空港国際線ターミナル

【ネタバレ注意】NEW GAME!!の最終回、12話「ぜひ買ってくださいね!」でちらっと映った羽田空港国際線ターミナルに行ってきました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ぜひ買ってくださいね!

ぜひ買ってくださいね!とはゲームソフトを開発する”イーグルジャンプ”という会社の日常を描いた漫画のアニメ版「NEW GAME!!」の最終回のタイトルです。

 

ついにPECOがマスターアップを迎え、お披露目とタイトルの宣伝を兼ねた完成記念イベントが開催されることになった。PECOの前評判は高く、ステージ前に設けられた客席は満員御礼。会場へとやってきた青葉たちは関係者席に腰を下ろし、しずくやコウが登壇するステージを眺めていた。前もって決められていた段取りとは異なるサプライズなどがありつつも無事にイベントは終了し、控室に集まった一同。そこで聞かされたのは、思わず耳を疑ってしまうような、にわかには受け入れがたい話だった。

出典 http://newgame-anime.com/story/?st=12

 

かくかくしかじか、関連して羽田空港の国際線ターミナルが描かれていたので、実際の写真を撮ってアニメ映像を見比べてみることにしました。

 

いざ羽田空港へ!

今回はアニメの紹介ではないので、ストーリーには詳しくは触れません。この記事を読んでいるあなたは最終回を「もう見た」という前提で進めます。まだ見ていない方は、Amazon Prime等でご覧ください。リアルな現地写真は拡大して劇中の様子に近づけたものと拡大していないものが混ざっています。なお、アニメ映像が上段で、リアル写真が下段です。

 

 

アニメ画像は録画データをもとに著作権法第32条の規定に基づき引用します。

 

出発ロビー

出発ロビー その1

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

駅から左手に進んできたところです。はねだ日本橋の方へと進むと最初のシーンがあります。

 

出発ロビー その2

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

その1とほぼ同じ場所から角度を変えて撮影しました。アニメではすっきりとしていますが、使用していない看板などがずらりと並んでいました。

 

出発ロビー その3

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

窓がたくさんあるところがターミナル直結のホテル「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」です。

 

出発ロビー その4

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

アニメ映像では奥のエスカレーターが手前に描かれているように感じました。

 

出発ロビー その5

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

その5とほぼ同じ場所です。その2の撮影ポイントを向いています。

 

出発ロビー その6

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

角度的に上のフロアから見下ろすと同じような感じになりました。

 

出発ロビー その7

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

手荷物検査場は2つありますが、出発手続(中央)ではなく出発手続(北)でした。先程までのシーンからも無理のない移動です。ちなみに、その5のすぐ近くです。

 

展望デッキ

展望デッキ その1

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

展望デッキです。特筆すべき点はありません。「Tokyo International Airport」と書かれた看板は北側にあります。

 

展望デッキ その2

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

一気に南側に移動していました。望遠鏡があります。

 

展望デッキ その3

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

 

 

展望デッキ その4

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!!製作委員会

最後のシーンはこの前のシーンよりも中央寄りの場所です。ちょうど人がいる辺りが中央になります。

 

おわりに

 

New Game!!の最終回を受けて原作者の得能正太郎氏が上記のようなコメントをしています。『原作も』『今後も』まだまだこれからも続くようなので、もしかしたらアニメの3期もあるかもしれません。原作のストックを出し切ってしまっているという話もあるので、首を長くして待ちます!!

 

空港内では個人撮影に関しての制限はないようですが、大人数で長時間専有することや商用写真の撮影はできません。もしも、訪れてみようかなと思われた方は、その点についてはご留意ください。

 

360度画像で羽田空港の国際線ターミナルを紹介!

 

コメントを残す