ミュージアム限定!カップヌードルの味がするソフトクリームを食べる

カップヌードルミュージアム限定!カップヌードルの味がするソフトクリームを食べてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ワールド麺ロード

横浜にある安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム 横浜)のにあるワールド麺ロードというフードコートでカップヌードル味のソフトクリームを食べることができます。ワールド麺ロードはアジア各国の麺を食べることができるフードコートです。入り口に東南アジアを中心に市民の足として親しまれている3輪乗用車トゥクトゥクがおいてありました。きれいな建物に突然現れた異質な空間。トタン張りの壁や布が吊るしてある様子はアジアの雰囲気が出ています。

 

参考記事のタイトルとURLを入力してください

 

アジア各国の麺メニュー

 

国名 商品名 価格
日本 ミニチキンラーメン 150円
日本 横濱ナポリタン 300円
中国 蘭州牛肉麺 300円
韓国 冷麺 300円
インドネシア ミーゴレン 300円
イタリア パスタ 300円
ベトナム フォー 300円
マレーシア ラクサ 300円
タイ トムヤムクンヌードル 300円
カザフスタン ラグマン 300円

アジア各国の麺やかき氷やアジアンスイーツが1品300円で販売されています。その中にカップヌードル味のソフトクリームはあります。お店の前に設置されている券売機で食券を購入して引き換える方式になっています。

 

アジアな雰囲気のフードコート

入り口もトタン張りの壁と特徴的でしたが、フードコート内の雰囲気もすごいです。煤けたコンクリートの床にカラフルなプラスティック製の椅子。BGMとして雑踏の音が再生されています。まるで東南アジアの国を訪れたような気分になります。見た目は古そうですが、もちろんエイジング加工なので、アジアなフードコートにありがちなゴミが落ちていたり、ハエが飛んでいたり、ということはなくとても清潔です。

 

カップヌードルソフトクリーム

昼食はすでに済ませていたので、ラクサやトムヤムクンヌードルには興味をそそられましたが、まっすぐにスイーツショップにやってきました。前に注文した人はスノーアイスのマンゴーストロベリーを注文したらしく、マンゴー色の氷がかき氷機にセットされていました。

 

お目当てはカップヌードル味のソフトクリームです。食券をスタッフの方に渡します。注文時に「カップヌードル味」と「カップヌードルカレー味」の2種類からいずれかを選べたので、今回は標準のカップヌードル味を選びました。

 

カップヌードルの耐熱容器にソフトクリームとカップヌードルに入っているトッピングがかけられて出てきました。乾燥エビが一番上に乗っています!

 

ひとくち食べてみると、カップヌードル味のソフトクリームでした。塩ソフトクリームならぬ、カップヌードルソフトクリームです。カップヌードルの粉末スープがソフトクリームに混ぜ込まれているので、ソフトクリームの甘さの中に、カップヌードルのスープの塩分を感じました。甘じょっぱさが意外と美味しい。ただ、どちらも味として完成している食べ物なので、カップヌードルとソフトクリームはそれぞれ別々に食べたほうがより美味しく食べれます。カップヌードルミュージアムに訪れた記念にはバッチリな食べ物でした。

 

おわりに

カップヌードル味のソフトクリームが食べられるのはカップヌードルミュージアムだけ!カップヌードルミュージアムに来た際にはフードコートで、カップヌードル味のソフトクリームを食べてみては。

 

ちなみに容器は記念に持ち帰ることができます。1階にあるミュージアムショップでも販売されているカップヌードルミュージアムだけの容器です。容器そのものも記念になります!

 

安藤百福発明記念館で好みの具を選んで「マイカップヌードル」を作る

コメントを残す