【ネタバレなし】ジョジョの奇妙な遊園地からの脱出に参加してきましたッ!

ネタバレは無しで、東京ドームシティアトラクションズで絶賛開催中のジョジョの奇妙な遊園地からの脱出をリポートします。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ジョジョの奇妙な冒険とのコラボイベント

あなたは『ジョジョの奇妙な冒険』を知っていますか??

そのジョジョとコラボイベントで、ジョジョの奇妙な遊園地からの脱出は、東京ドームシティアトラクションズで2017年7月15日から9月24日まで開催しているリアル謎解きアドベンチャーゲームです。アトラクションを楽しんだり、謎が解けずに悩み込んだり、所要時間は3時間~という大掛かりなイベントです。

 

私自身はジョジョの奇妙な冒険のことをよく知らないのですが、たまたま近辺に用事があって行ったついでに東京ドームシティへ立ち寄ったときに、友人が「ジョジョだ!」とイベントに際して設置された『キャラクター看板』と『謎解き参加シートを持つ客』に徐々に反応したので、急遽参加することとなりました。

 

イベントに参加するためには、イベント参加券と『ワンデーパス』か『ライド5』を合わせて購入する必要があります。イベント参加券とワンデーパスは大人3,600円、小人3,300円です。また、イベント参加券とライド5は3,600円です。

 

用事を済ませてからぶらりと立ち寄ったので、今から一日券を購入するのは得策ではないと判断し、『ライド5』というアトラクションに5回乗ることのできるチケットを購入しました。ライド5は購入してから約1ヶ月の間に5回乗ることができる回数券です。3回はイベント内で使用するため、残り2回は自由にアトラクションに乗ることができます。

 

ジョジョの奇妙な遊園地からの脱出

チケットカウンターのすぐ横にジョジョの奇妙な遊園地からの脱出の受付カウンターが用意されています。時間帯によっては写真のように混み合います。このカウンターで受付を済ませると、『謎解きストーリーブック』と『スタンド能力』が渡されます。そして、特設ブースでオープニング映像を見て、スタッフの方によるルール説明を聞いたら謎解きスタートです。

 

参加者は『スモールフェイセズ』というスタンド使い。折り紙のように折って他のスタンド使いの能力をコピーできるという設定です。スタンドとはスタンド使いが1人1つもつ特殊能力のことです。スタンドを借りながら問題を解決していきます。

 

第1段階の謎解き

街中から物を探したり集めたりする事ができるハーヴェストです。10円玉を回収していました。

 

特定のアトラクションに乗るとヒントとなる絵や文字を見ることができます。受付から最も近いところにあったアトラクションの『スーパーバイキング ソラブネ』に乗りました。各シートの前に貼ってある縁が緑色の張り紙がヒントです。

 

ちなみに、絶叫マシンに乗れなくても大丈夫なように『ピクシーカップ』といういわゆるコーヒーカップでも大丈夫なようになっていました。最大で180度動くので、なかなか怖いアトラクションです。

 

※ネタバレ防止のためにたまたまピンぼけした写真を掲載しています。

 

『ワンダードロップ』は小舟に乗って水路を急降下するアトラクションです。謎を解くためのヒントは急落下前の水路の途中に看板があります。

 

ジョジョの奇妙な遊園地からの脱出 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

他には『ビック・オー』という巨大観覧車から見下ろして解く謎もありましたが、悪天候により一時中断してしまったので、悪天候時用の空撮シートを利用して解きました。万が一雨が降っても、謎解きだけはできるようになっています。

 

謎を解くと折り方を指示する『文字列』が現れます。その指示通りに折るとこのように『鍵』を手に入れることができます。参加者のスタンド『スモールフェイセズ』を発動させる事ができるようになります。

 

第2段階の謎解き

ここから先はアトラクションには乗らずにひたすら謎を解いていきます。1つの謎をとくと次の謎が明らかになる仕組みなので、解けないからと言って飛ばすことができません。どうしても解らない人は、謎解きのヒントサイトを見るか周りの人に密かに教えてもらうなりしているようでした。

 

1人1枚持っていけッ!

謎を解くと次の謎が用意してあります。シールになっているのでストーリーブックに貼ることができます。

 

劇中では待ち合わせのシンボルとして利用されている『アンジェロ岩』も謎を解くための鍵を握っていました。

 

園内にはこのような謎解きポイントがあります。謎を解いて順番に周ります。

 

パン屋サンジェルメンの紙袋の中には・・・!?

 

園内各所の立入禁止はスタンドによって入が削られて『立 禁止』になっていました。

 

園内にはこのようなキャラクター看板がいたるところにあります。

 

まとめ

第1段階ではただ見たままでしたが、第2段階では難易度がぐっと上がります。ネタバレ防止のためにほんの一部しか紹介しませんでしたが、指示や状況に合わせて『適切なところ』に行かないと詰みます。適当に拠点をめぐるだけでは途中のチェックポイントを通るときにクリアできない仕組みになっていたのはよくできていると感じた点です。

 

途中でズルはできない仕組みになっていました。

 

謎解きが得意な方でも園内を行ったり来たりすることになるので数時間コースでしょう。私達のように謎解きが得意でないとプラスαで時間がかかりました。通常のチケットに1000円追加でこれだけ遊べるのはなかなか良いイベントでした。

 

ジョジョが好きな方や謎解きが好きな方、休日に暇を持て余している方はぜひ参加してみてください。きっと満足な休日を過ごすことができることでしょう!!

 

そういえば・・・。

そういえば、先日レビューしたカメラを使用して撮影してみました。動画は『EKEN V8s』、写真はiPhoneを利用しています。今ではiPhoneだけで制作されたハリウッド映画もあるようですが、そこは大人の事情ということで。

 

1万円台で4K撮影できるEKENのアクションカメラ「V8s」レビュー