羽田空港X‘mas 動画公開中

羽田には”本物と偽物”のサンタがいた!?関係各社のゆるきゃら大集合

羽田空港国際線ターミナルには本物のサンタクロースが登場。国内線ターミナルのサンタは実は偽物なのだ!わっはっは!!

はい、みなさんこんにちは。いんたらくとです。

 

高校生の吹奏楽ステージ

12月23日~25日にかけて、国際線ターミナルでもイベントを実施しており、ANAのチアリーディングやJAL BELL STARのステージもありました。訪れた際にはちょうど岩倉高等学校吹奏楽部の生徒の皆さんによる演奏が行われていました。

 

X’masは空港で!JAL BELL STAR/ANA team HANEDA Orchestraのステージ

 

本物のサンタがやって来た

サンタクロースというとクリスマスのマスコットキャラクターのような扱いになっていますが、厳密にはサンタクロースの資格がなければ正式なサンタクロースではありません。国際線ターミナルにやってきたのはフィンランドの公認サンタクロースです。

 

第1ターミナルと第2ターミナルで練り歩き、クリスマスの帽子を配っていたのは偽サンタだったとは。

 

空港でX’mas!JAL 合唱フロイデ/JAL SILVER WINGSのライブステージ

 

はねだ日本橋を通ってやってきました。

 

この日のために北欧のフィンランドより東京の地へと訪れた公認サンタさんです。

 

お祭り広場で1回目の記念撮影が行われました。家族で揃って訪れている方は季節の記念になる写真が撮影できたのではないでしょうか。

 

記念撮影を楽しんでいるのは家族連れが多かったです。ちなみに、サンタさんと一緒に写っているのは羽田空港国際線ターミナルのキャラクター『スターリー』くん。

 

サンタガールズの方たちは記念のクッキーを配布していました。

 

場所を移して2箇所目はTIAT SKY HALLでした。国際線ターミナルの中心部なので、記念撮影にはさらに長蛇の列ができていました。サンタガールズの方も忙しそうでしたが、合間を縫って撮影にご協力頂きました!

 

最後は江戸舞台の前で記念撮影をしていました。

 

こだわりのフォトスペース

今回のクリスマスイベントの前より、中央のイルミネーションツリーが展示されている通路の脇にフォトスポットが登場しています。羽田空港の国際線は『江戸』をテーマにはねだ日本橋や江戸舞台が設置されています。このフォトスポットもそれに合わせて準備されたもののようです。

 

クリスマスに合わせて、プレゼントボックスが左右に配置されています。背景のパネルもただの印刷でなく、しっかりと和室のような砂状の素材が使われており、とても手の込んだ作りになっています。

 

夕方のイルミネーションが点灯する時間になると、この窓からチエックインカウンターとイルミネーションが同時に写るベストショットポイントになっています。

 

昼の明るい時間には気づきませんでしたが、イルミネーションに合わせてライトが点灯してとても鮮やかでした。

 

なお、現時点では来年の初頭までは設置が継続される見込みのようです。

 

キャラクターグリーティング

日が落ちる頃にキャラクターグリーティングが始まりました。キャラクターグリーティングはこの日2回目で、1回目には警視庁のキャラクター『ピーポくん』も登場したそうですが、2回目はパトロール業務に戻ったようです。

 

時間になって、キャラクターが続々と登場してきました。当サイトでも取り上げたこともある『けいきゅん』は1人では歩けない様子でした・・・。

 

子ども連れにおすすめ!2100系のけいきゅん号で車窓の旅を楽しむ休日

 

左から、海上保安庁の『うみまる』、東京消防庁の『きゅーたくん』、大田区羽田空港国際化イメージキャラクターの『オーちゃん』、大田区公式PRキャラクターの『はねぴょん』、検疫探知犬イメージキャラクター『クンくん』、東京入国管理局の『とりぶ』、税関の『カスタム君』、京浜急行電鉄の『けいきゅん』、東京モノレールの『モノルン』の計9キャラクターが集まりました。

 

ともに大田区のキャラクターということもあり、仲良しをアピールしていました。

 

税関と入国管理局と空港で”出入り”を監視しているキャラクターです。検疫探知犬イメージキャラクター『クンくん』も合わせて、ゆるキャラですが仕事は全く緩くありません。

 

日頃の安全を守っている3桁番号チームです。海上保安庁は118、消防庁は119です。110のピーポくんも居れば完璧だったのですが、パトロールの都合で1回目で警視庁に帰られたようです。空港内の安全はセグポリ(セグウェイに乗った警察官)におまかせということでしょうか。

 

※国際線ターミナルでの巡回にはセグウェイが採用されています。

 

記念撮影をしているのは子ども連れが中心でしたが、幅広い年齢層の多くの人が訪れていました。

 

鉄道会社のキャラクターは子どもに圧倒的な人気を誇っていました。子どもにとって鉄道は他のどのキャラクターよりも身近な存在ということがわかりました。

 

本日のイベントはこれにて終了です。

 

おわりに

メリークリスマス!ハッピーホリデー!これで今年も残り少なくなりました。次回は年内最終イベントで12月31日に地元の『大田フィルハーモニー管弦楽団』による演奏会が開かれます。13時からと16時からの2回開かれるので、年内最後の記念に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

そして、来年1月1日~3日は『はねだ江戸翼祭り』が開催されます。江戸人たちが帰ってくる!

 

360度画像で羽田空港の国際線ターミナルを紹介!

コメントを残す