【紅葉】山梨県の紅葉の名所 昇仙峡へ行ってみた!

創業の地にある直営店!六花亭帯広本店にて限定のふわふわ食感が美味しい「リコッタパンケーキ」を食べる

創業の地にある直営店!六花亭帯広本店にて限定のふわふわ食感が美味しい「リコッタパンケーキ」を食べる

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

六花亭帯広本店

北海道を代表する製菓メーカーのひとつである六花亭の発祥の地は帯広にあります。帯広駅から徒歩約10分ほどの場所にある創業の地には現在でも六花亭の直営店である六花亭帯広店があります。駅から徒歩約10分ととても便利な立地にあるため、帯広を訪れた際には気軽に訪れることが可能です。1階がお土産販売コーナーで、2階が喫茶室になっています。市内の中心部には立派な建物の六花亭帯広本店があります。1階がお土産コーナーとなっており、2階には喫茶コーナーがあります。また、3階には帯広や六花亭にまつわるアートを展示するアートギャラリーがあります。

喫茶コーナー

まずは2階の喫茶室で休憩をすることにしました。喫茶室は日差しが強いのでカーテンが閉められていましたが、もしもカーテンが開いていたならきっと大きな窓がとても開放的な気分にさせてくれたはずの空間です。以前に札幌本店の喫茶室を訪れたことがありましたが、今回は折角なので限定のメニューを2品注文しました。

帯広の森

ひとつめは季節限定で提供されている帯広の森というメニューです。一般的に知られている名前ではいわゆるモンブランです。秋に訪れたので季節の食べ物は栗ということで、口溶けの良いクリームに栗がたっぷりと掛けられています。季節限定なのでいつでも食べられるわけではないという点では珍しいのですが、帯広本店以外の喫茶室を併設している六花亭直営店なら食べることができます。

リコッタパンケーキ

そしてもひとつはここ帯広本店でしか提供していないスペシャルメニューのリコッタパンケーキです。帯広本店に来たからには季節メニューよりもリコッタパンケーキのほうがおすすめです。定番メニューのパンケーキは他の店舗でも食べることができますが、リコッタパンケーキは帯広本店でしか食べることができません。焼き立てでふわふわふかふか食感の柔らかいパンケーキにクリームとシロップをたっぷりとかけていただきます。

創業当時からの壁

喫茶室は2階にあるのですが、帯広本店が創業の地であることを表すモニュメントとして創業当時からのレンガ壁が残されています。

記念撮影にちょうどよい六花亭の包装紙デザインのオブジェがありました。こちらのオブジェは一定の間隔で変わるようなので次回訪れた時にどのような展示になっているのか楽しみです。

お土産コーナー

2階の喫茶室で休憩をしたあとは1階のお土産コーナーでお買い物をします。直営店なのでお土産店と比べると多種多様な商品の取り扱いがあります。マルセイバターサンドやまるさんかくしかくのような定番のお菓子から生洋菓子もありました。喫茶室でおやつにパンケーキを食べたばかりだったので、今回はデザート用ということでケーキを購入してみました。

おわりに

六花亭帯広本店は帯広に来たからには絶対に立ち寄りたいスポット第1位かもしれないほど人気の場所です。喫茶コーナーで一休みするもよし、お土産コーナーで六花亭のお菓子を選ぶのもよしです。

interact編集部セレクション
【全国旅行支援】ホテルの予約がまだの方!セールやキャンペーンの詳細を確認して、今すぐお得な宿泊先を探しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です