高級焼肉として定評のある!叙々苑の「焼肉重弁当」実食レビュー

高級焼肉として定評のある!叙々苑の「焼肉重弁当」実食レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

叙々苑の焼肉重弁当

この記事で紹介するのは叙々苑の焼肉弁当です。かくかくしかじか叙々苑の焼肉重弁当を食べることになりました。叙々苑の焼き肉が高級焼肉として認知されているのと同様に、叙々苑の焼肉弁当はおいしいことで定評のあるお弁当です。

 

 

弁当の中身

  • ご飯
  • 牛肉
  • 白菜キムチ
  • 大根ナムル
  • 金時豆の煮物
  • 茎わかめの醤油漬け

 

焼肉が乗ったご飯に4種類のおかずが入っています。私はキムチ系の味付けが好みではないので入っていても・・・という点はさておきとして、付け合せおかずもしっかりと入っています。

 

 

不思議な”お召し上がり方”

叙々苑の焼肉弁当は外箱と内箱に分かれているのですが、蓋や橋を立てて食べることが推奨されていました。実際に立ててみると思った以上に邪魔だったため、静かにテーブルの上に置きました。

 

レンジで温める

外箱を開けると、レンジで温め直すときは「漬物」を外してからという案内の紙が入っていました。漬物を外すというのがいまいちピンと来なかったので、サクッと内箱の蓋を外してみました。

 

なるほど。漬物は漬物パックで密封されていました。密封されていると良いことは多いです。弁当が大きく揺れても浸水することはありませんし、簡単に取り外しが可能で手も汚れません。それに、少々強烈なキムチの匂いを知らずのうちに撒き散らさなくて済みます。

 

これが叙々苑の焼肉弁当

これが叙々苑の焼肉弁当です!牛丼チェーンで使用されているすじっぽい牛肉とは全くの別物で、見た目から「肉っぽさ」があります。

 

タレを掛ける前

漬物パックを取り外して約1分~ほどレンジで温めてきました。ご飯から湯気が出てとっても美味しそうです。

 

食べる直前にタレを掛けて

付属の焼肉のタレをかけると焼肉感が出ます。

 

甘めであっさりとした焼肉のタレをかけて食べる、食感のしっかりしている牛肉が美味しくないはずがありません。加熱した肉は冷えると固くなりますが、叙々苑の焼肉弁当は冷えている状態でも柔らかさをキープしていました。ご飯が進みます。

 

おわりに

高級焼肉として定評のある叙々苑の焼肉を食べてみました。値段が値段なだけに肉の量も味も満足でした。気合を入れたいときの差し入れ等におすすめです。これで、デザートにアイスがあれば完璧です・・・。

 

Café MUJIのソフトクリームがのった「クリームソーダ」を飲んでみた!

コメントを残す