観葉植物に栄養を!液肥界のエース「ハイポネックス」を使ってみた!

植物に栄養を与えたい時はハイポネックスを選べば大丈夫!

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

観葉植物に栄養を!

こちらは2017年の4月末にお迎えした観葉植物の「ミリオンハート」です。無印良品で販売されていたものです。購入してからも定期的な水やりのみという簡単な管理だけで枯れることなく、デスク周りに緑を提供し続けていました。最近は少し元気が無いのか「先端だけ枯れてしまったり・・・」ということがあったので肥料をあげてみることにしました。

 

もっと早くに枯れてしまうことを予想していたので、ここまで無事に生えていたということに驚いています。適当な管理の割にはまだまだ余裕さえ感じさせるミリオンハートを選んで正解でした。とってもコスパの良い観葉植物です。

 

良品のある生活vol.3「観葉植物 アクアポット2号(ミリオンハート)」レビュー

 

ハイポネックスを用意

この記事で紹介するのはハイポネックスという液体肥料です。名前は知らなくとも一度はこのパッケージを見かけたことがあるのではないでしょうか。ホームセンターに行けば必ず販売されています。

 

 

青色の液肥

ハイポネックスの特徴といえばこの「シアン」の色です。他社製品は緑やオレンジのような着色になっていますが、ハイポネックスだけはひと目でハイポネックスと識別できます。「液肥といえばハイポネックス」というほど人気のある液体肥料です。もっと安価な競合製品もありますが、このハイポネックスが廃れずに売られ続けているということが何よりの証拠です。

 

使用量の目安

植物の種類 倍率 水量 キャップ 使用間隔
庭植え植物 250倍 10L 2杯(40ml) 2週間に1回
草花・野菜・バラ・菊・観葉植物・花壇・菜園 500倍 1杯(20ml) 1週間に1回
鉢花・洋蘭・球根・花木・果樹・ハーブ 1000倍 1/2杯(10ml)
サボテン・東洋蘭・カンノンチク・山野草・盆栽・幼苗 2000倍 1/4杯(5ml) 2週間に1回

 

今回は以前に購入していた「丸型洗浄瓶(300ml)」の中に希釈液を作ってそこから使用することにしました。水を満タンまで入れても300mlなので、ハイポネックスはほんの1滴だけ入っていれば充分なようです。ストローを使用してスポイトのように吸い出しました。

 

 

おわりに

ハイポネックスの原液は450mlと800mlの2種類が販売されていました。用途や量を考えると450mlで問題ありませんでしたが、値段があまり変わらないので800mlの方を購入しました。800mlは流石に大きくかさばるので、そんなに多くは使わないという方は小さい450mlの方をおすすめします。

 

ハイポネックスを投入したので、更に長く緑々としていてくれることを願います。

 

コメントを残す