当サイトのPVができました!【動画公開中】

粉吹いているのが原因?Switchプロコンのスティック反応を直す方法

Switchプロコンのスティックの調子が悪いときは掃除してシリコンスプレーをかければ復活するかも!

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

壊れやすい?Switchのプロコン

それはスプラトゥーン2をプレイしている最中に突然訪れました。スプラトゥーン2はプロコントローラーを使用してプレイしていましたが、ある時から以下のような現象が起こるようになっていたのです。

 

発生した現象

  • Lスティックの滑りが悪く手が疲れる
  • Lステックの根本が乾燥したように白い粉が吹いている
  • LTを引いているのにもかかわらず、認識しないことがある

 

発生した現象から分かる通り、スプラトゥーンはL系のボタンに高い負荷がかかるようです。ここまでL系に偏らなくてもと思いましたが・・・。

 

続きを読む >

 

耐久性が低い!

ネット上では、プロコンは「耐久性が低い」と言われていますが、本当に壊れているのかとは別に半年程度で操作感が損なわれるのは「耐久性が低い」としか言いようがありません。新しく購入することが一番簡単な解決方法ですが、Switchのプロコンはそうそう簡単に購入できる価格ではありません。ソフトよりも高い価格なのです。プロコンがないと遊べない身としてはなかなか悩ましい問題です。

 

修理に出すと1週間程度コントローラーなしで過ごさなければならない上に、故障の程度が低いものは「再現せず」で修理等なにも処置されずに返送されてしまうというSNSのつぶやきを見かけました。自力でメンテナンスができるならそれに越したことはありません。

 

 

自力でメンテナンスしてみた!

以前にXboxのコントローラーがトリガーを引くたびにギィーという異音がしていたときに、シリコンスプレーをかけてから異音も解消された上に操作感が快適な状態に戻ったのを思い出したので、早速試してみました。

 

 

続きを読む >

 

掃除は大事

自力でできるメンテナンスで出来ることは非常に限られています。まずは綿棒やエアダスターを活用して「ホコリ」や「白い粉」を取り除いていきます。スティック上面のラバー素材は擦り過ぎないように気をつけてください。削れてしまいます。

 

任天堂のゲーム機は調子が悪くなったときに息を「ふーふー」すると復活するというのは歴戦のゲーマーたちによって語り継がれてきた裏技ですが、できれば息ではなくエアダスターで吹いてください。威力的にもエアダスターのほうが強力で良いと思います。

 

また、掃除するには分解したほうが手っ取り早いですが、保証の兼ね合いからもおすすめはしません。

 

シリコンコーティング

ゴミを取り除いたあとは摩擦を減らしてスームズな動きを実現するために、シリコンスプレーを噴霧します。スティック操作が引っかるような感じがするのも白い粉が吹いているのも、どちらも簡単に解決できます。

 

特に白い粉はスティックが削れているのか、もともと塗布してあった薬剤が劣化しているのかわかりませんが、シリコンコーティングすることで発生を防ぐことができます。操作感が損なわれている原因が、スティックの故障ではなく白い粉ならば解決すると思います。

 

続きを読む >

続きを読む >

 

ちなみにシリコンスプレーを噴射するときに勢い余ってはみ出すと、意図しない箇所に「シリコンの光沢感」が出てしまう恐れがあります。拭き取ってもシリコンの光沢感はなかなか落ちません。ベタついたりはしませんが見た目が悪くなるので、気になる方はマスキングテープでスティックの周囲を覆ってからスプレーを噴射するのがおすすめです。

 

 

コントローラー補正

さいごに、Switch本体の設定からコントローラーの補正を行います。ホーム画面下部にある「歯車マーク」が設定です。設定の項目の中に「コントローラーとセンサー」という項目があり、そこからスティックの補正やジャイロセンサーの補正、そしてボタンの動作チェックを行うことができます。

 

これでもコントローラーの操作が改善しない場合は「故障」ですので修理に出すか新しく購入を検討するのがおすすめです。

 

 

復活したコントローラー

とりあえず復活しました。掃除してシリコンスプレーを噴霧するだけで復活するというのもなかなか謎ですが、定期的にメンテナンスすることで解決できるならコストもそんなに掛からないので仕方がないかなと思います。

 

何なら公式でメンテナンスキットを販売すれば、壊れやすいプロコンという汚名を返上できるような気もします。本当に壊れたのか、簡単なメンテナンスが必要なのかは印象が大きく異なりますので。

 

コメントを残す