濃厚ミルクとチョコ「白い恋人ソフトクリーム」

従来比2.5倍の大きさ!森永製菓「大玉チョコボール ピーナッツ」レビュー

大玉チョコボール ピーナッツ

従来比2.5倍の大きさ!森永製菓「大玉チョコボール ピーナッツ」レビュー

はい、みなさんこんにちは。いんたらくとです。

 

大玉チョコボール ピーナッツ

大玉チョコボール ピーナッツ

この記事では森永製菓の大玉チョコボール ピーナッツをご紹介します。通常のチョコボールは約1cmのちいさなチョコレートの粒ですが、大玉はサイズが2.5倍になって食べごたえと満足度が大きく増えています。2018年2月20日よりコンビニで先行販売されていましたが、現在ではスーパーを含めて取り扱いがあります。

 

森永製菓 大玉チョコボール<ピーナッツ> 56g×10袋
森永製菓 大玉チョコボール<ピーナッツ> 56g×10袋
  • 森永製菓
  • 価格 : ¥ 1,728
  • 商品ランキング : 13,780 位

 

内容量

内容量は56gでした。通常のチョコボールと違って、1粒1粒の大きさが不揃いで統一感がありません。大きかったり小さかったりするので、個数はあまり当てにならないと思います。一応、個数を数えてみたところ、12粒入っていました。数量が多いわけではありませんが、パッケージはジッパー式になっているので、1粒ずつ大切に食べ進めることができます。

 

大玉で食べごたえプラス!

味としては通常のチョコボールピーナッツを踏襲しています。大玉の方は通常のものと比べて2.5倍も大きいのでその分の調整として、ピーナッツの周りにザクザクとした衣がついていました。クリスプ層があることで食感も良くなっています。もしかすると、通常のチョコボール ピーナッツはチョコレートの中にシンプルにピーナッツが入っていますが、大玉の場合だとピーナッツだけではチョコに圧倒されてしまうからかもしれません。

 

ちなみに、運が良ければ「金のチョコ玉」が入っていることもあるそうです。今回は残念ながら「金のチョコ玉」は入っていませんでした。チョコボールといえば金のキョロちゃん銀のキョロちゃんという当たりが入っていて、規定の枚数を集めると「キョロ缶」と交換できるお楽しみがあります。それを彷彿とさせるお楽しみです。

 

おわりに

味自体は通常のチョコボールと変わりませんが、大粒になってさらに食べごたえがアップしました。チョコボールの手が汚れず食べやすいというメリットも引き続き有効です。チョコボールが好きな方には間違いなくおすすめです。

 

森永製菓 大玉チョコボール<ピーナッツ> 56g×10袋
森永製菓 大玉チョコボール<ピーナッツ> 56g×10袋
  • 森永製菓
  • 価格 : ¥ 1,728
  • 商品ランキング : 13,780 位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です