【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

PC周りの整理棚として!アイリスオーヤマのカラーメタルラックを導入

アイリスオーヤマの「カラーメタルラック(19mm径)」を本棚として使うために購入しました。

はい皆さんこんにちは。いんたらくとです。

カラーメタルラック(CBM-44104W)

不織布とビニールでできた収納袋に入っていました。サイドのチャックを開けて、中身を取り出します。このパーツを組み立てると高さ102.5cmで、幅が44.5cm、奥行きが32.5cmで4段のメタルラックが完成する予定です。値段は約4000円弱と安くはありませんが、小型のラックの中でも「ふらつかなそう」だったので選びました。

PPバンドでしっかり固定

PPバンドで十字に固定されているので、輸送中に中身が上下左右に跳ねて傷がつかないようになっています。

支柱は4本が2セットで計12本入っています。支柱の下でビニールラッピングされているのが、この商品の特徴であるウッドボードです。ウッドボードは4枚入っています。

パイプの中が錆びているというレビューがあったので不安でしたが、実際には内部のコーティングがない箇所が酸化して錆色になっているだけでした。そもそも、金属の表面が酸化するのは仕方ありませんし、あえて酸化させてある金属製品は身の回りにあふれているのに、内部のコーティングされていない箇所が少し酸化しているくらいなんの問題もありません。家やオフィスなどの屋内環境で使用するなら腐食・倒壊するほど進行しないので、気にする必要はありません。

キャスターや部品が入った袋の中に組み立て説明書が入っていました。早速、組み立てて行きましょう!

かんたん組み立て

組み立ての前に説明書に書かれているパーツリストで不足していないか確認します。固定部品は小さく失くなりやすいため、予備で必要以上に入っているのは安心です。

固定部品の内側に出っ張りがついているので、その部分をラック支柱の溝にはめ、上から棚を通すだけのかんたんな組み立てを行いました。固定部品は上下を間違えないような工夫もされているので分かりやすかったです。ちなみに、棚の高さは「自由な高さ」にすることもできますが、原則的にはポールとポールのジョイント部分を覆うように組み立てたほうが安定します。

完成したら、各棚にウッドパネルを敷くことで、小物が隙間から落下しないようにできます。もちろん、ウッドパネルは敷いても敷かなくてもお好みでOKです。

バリエーション

今回購入したのは4段の商品ですが、3段の商品も販売されています。3段目天面は以前にレビューした「デスク」と同じくらいの高さでした。また、本体の色も黒だけではなく、白、ピンク、茶色と4色展開されているので、住環境に応じた色を選ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です