紅茶派だけどKALDIで配布されているホットコーヒーを家でも飲みたい!

紅茶派の著者がコーヒー粉末と魔法の粉を用意して、冬にカルディの店頭で配布されているホットコーヒーを再現してみました。

はい、みなさんこにちは。いんたらくとです。

無料配布のコーヒー

皆さんは、カルディに行ったことはありますか?

 

あの来店したお客さんにコーヒーを振る舞っている、青地に黄文字で「 KALDI 」という文字が目印のカルディのことです。ちょっとおしゃれな輸入食品や雑貨を取り扱っているお店ですが正式名称はカルディコーヒーファームといって、コーヒーを販売しています。

 

投稿者は、買い物をせずに無料コーヒーだけを目当てにカルディを訪れる客がいると指摘。中には、入り口でコーヒーをもらって、店に入らずにそのまま去ってしまう人もいるという。

https://www.bengo4.com/internet/n_5515/

『「カルディ」コーヒー「タダ飲み」目当て、買い物する気ゼロ…法的に問題ない?』という記事が注目を浴びていましたが、このコーヒーを目当てに来店する人がいるなど、まんまとカルディの戦略に嵌まる消費者があとを絶ちません。

 

何も購入する気がなくて来店した場合でも、「あ、これ買ってみようかな」というような非計画購買が発生したり、「そういえば、カルディであの商品が売ってた。」という購入へのきっかけになります。どんなに見込みのあるお客さんでも、リアル店舗の場合は来店しなければ購入にはつながりません。ネットでもリンクを踏んでくれなければ・・・。多くのお店は、お客さんを呼び込むことに悩んでいます。その点ではコーヒーを配ることによって、店内に活気があって気軽に立ち寄ってもらえるお店づくりは参考になります。

 

さて、そんな無料配布のコーヒーですが、紅茶派の私でも美味しく飲めるのです。不思議な不思議なコーヒーを再現してみました。再現にあたって、今回用意したのは以下のコーヒーの粉と魔法の粉です。

 

コーヒー粉 マイルドカルディ

まず、用意したのはコーヒー粉です。冬に使用されているコーヒーは「マイルドカルディ」というオリジナルブレンドのコーヒー粉だそうです。カルディでは様々なコーヒー粉が販売されていますが、こちらのマイルドカルディは、どちらかと言えば酸味が抑えめで苦味の強いコーヒーです。

 

ちなみに、冬と夏では使用されているコーヒー粉が違うのはご存知でしたか?今回紹介するのは冬のホットコーヒーですが、夏のアイスコーヒーはまた別のコーヒー粉が使用されています。

 

 

魔法の粉 CREAMY SUGER POWDER

再現すると言ってもこの魔法の粉を投入するだけ。店員さんに確認したところ、店頭で配布されているコーヒーにはこちらの魔法の粉「CREAMY SUGER POWDER」が入っているそうです。

 

魔法の粉の正体は砂糖とクリープです。砂糖とクリープが程よい配合で混ぜ合わせてあります。程よい配合で量に失敗がないだけでなく、いちいち蓋を開けたり持ち替えたりという手間も省けます。大変に便利な魔法の粉です。

 

再現!KALDIで配布されているホットコーヒー

再現というものの、マリオのスーパースターのような方法ですので、試行錯誤があるわけではありません。おいしい淹れ方に沿ってコーヒーを抽出し、規定の量の粉を入れるだけの簡単な作業です。

 

誰でも、彼でも。お店の味がかんたんに再現可能なのです。

 

コーヒーを抽出

1杯のコーヒーは約140mlで、抽出するのに必要なコーヒー粉末の量は10gです。

 

 

動画の他に、UCCの公式サイトに詳しく載っています。プロのコーヒー屋さんによるおいしい淹れ方が無料で閲覧できる良い時代です。

https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/drip.html

 

魔法の粉を投入

先程紹介した、カルディの魔法の粉「CREAMY SUGER POWDER」を投入するとあっという間に完成です。

 

1杯のコーヒーに対して10gが規定量です。もちろん、大袋のメリットである好みに応じて量を調整することもできますが、お店の味を忠実に再現するには規定量が適切です。

 

カップを用意

今回用意したカップはこちらです。この紙コップに見覚えがある方は、カルディ通!

 

こちらは店頭で使用されている本物の紙コップで、今回の「再現」にあたって特別に頂いた貴重なコップです。

 

カップに注ぐ

このコップに注げば・・・ほら、これで店頭で配られているコーヒーそのもの。某店の店員の方、ご協力ありがとうございます。

 

まとめ

これで、色も匂いもカップも、 KALDI の店頭で配布しているあのコーヒーが再現できました。

 

Amazonでも販売されていましたが、お近くに KALDI があるならば店頭で購入するのがおすすめです。お店に行けば見本となるお店の味を確認することができますし、価格も定価で鮮度の新しい商品が手にはいります。

 

コーヒーの粉も魔法の粉も規定量を注げばすぐに”あの味”が再現できるので、この記事をお読みのあなたにもぜひ再現してほしいなぁと思います。今回は以上です!

 

コメントを残す