【紅葉】山梨県の紅葉の名所 昇仙峡へ行ってみた!

モンブランの上位互換の栗ケーキ!六花亭「和栗のシャンテリー」レビュー

モンブランの上位互換の栗ケーキ!六花亭「和栗のシャンテリー」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

六花亭 和栗のシャンテリー

この記事では六花亭の和栗のシャンテリーをご紹介します。六花亭は北海道の帯広からの北海道を代表する製菓メーカーです。六花亭の和栗のシャンテリーは、六花亭の多くの直営店にて秋限定で取扱があります。シャンテリーの元祖と言われている東京會舘では『マロンシャンテリー』、パレスホテルでは『マロンシャンティイ』などと呼ばれている日本生まれの洋風ケーキです。

シャンテリーとは

シャンテリーとは生クリームと栗を組み合わせた秋の特別なスイーツです。モンブランの生クリームと栗だけに焦点をあてて作られたを使ったなめらかな味わいのケーキです。東京會舘という宴会場を運営する場所の初代製菓長によって考案されたと言われている日本生まれのスイーツです。

モンブランがタルト生地やスポンジ生地の上に生クリームや栗クリームが載せられているのに対して、シャンテリーは生クリームと細長く整えた栗だけです。まさに、モンブランの上に乗っているクリームの部分だけを贅沢に食べられるケーキと言っても過言ではありません。

濃厚な生クリームと栗の味

本家元祖のマロンシャンテリーを食べたことが無いので比較は出来ませんが、六花亭の和栗のシャンテリーについても栗そのものを美味しく食べられる商品でした。栗だけだとぼそっと感がどうしても出てしまうのですが、生クリームと一緒に食べることで栗の素材そのものの味をぼそっとせずに食べることが出来ました。

おわりに

栗が好きな方はきっとモンブランよりもシャンテリーのほうが栗分が多くて好みなのではないかなと思いました。栗が好きな方はぜひお試しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です