【1年間無料】楽天モバイルのRakuten Wifi Pocketを使ってみました!

ジャンプ時の衝撃を吸収してくれるインソール!三進興産「ソルボアスリート」レビュー

ジャンプ時の衝撃を吸収してくれるインソール!ソルボ「ソルボアスリート」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ソルボアスリート

この記事では三進興産のソルボアスリートというインソールをご紹介します。三進興産はソルボセインという独自の人工筋肉技術を元に脚への負担を減らすインソールを展開している会社です。用途別にそれぞれ特徴のあるインソールがあります。今回はその中でもスポーツ全般に広く対応しているソルボアスリートを選びました。サイズは2S、S、M、Lとバリエーションがあるので靴のサイズに合わせて選ぶことができます。

ソルボ
¥1,245 (2021/10/21 14:02:34時点 Amazon調べ-詳細)

表面はメッシュ

表面の生地はスポーツ時の通気性を向上させるためにメッシュ状になっていました。この点はスポーツ向けと一般向けの違いです。最もシンプルな基本形の『ソルボヘルシー』というモデルはメッシュではなく布張りになっています。

メッシュなので余り目立ちませんがソルボセインと書かれていました。

衝撃吸収のソルボセイン

そしてインソールの裏側にある赤く色がつけられている部分がソルボの衝撃吸収のポイントであるソルボセインです。ソルボアスリートではつま先とかかとの部分にソルボセインが使われていました。ソルボセインが使われているところは特に負荷を軽減させたほうが良いところです。ただし、色が付いていない部分もソルボセインほどではないにしてもウレタン素材が使われているので衝撃を吸収する機能はあるようです。

全面にソルボセインが使われていないのは、他のスポーツ特化型のソルボインソールを見るとなんとなく理由がわかるかもしれません。例えばランニング用のソルボランニングというインソールは、つま先の部分にはソルボセインが使われていません。ランニングはつま先で地面を蹴る力で早く走る競技です。つま先にかかる力を吸収してしまうとむしろ走りにくくなってしまうからです。

階段の上り下りが多い時にも最適

ソルボアスリートは他のスポーツ特化型インソールの平均を取ったようなインソールです。スポーツ競技で多く行われる『ジャンプ』という動きをしたときの衝撃を軽減するようにソルボセインが配置されています。

日常的に飛び跳ねることは多くはありませんが、ジャンプした時と同じような負荷がかかるものとして階段移動があります。階段移動があるならただ歩くだけではなく着地時の衝撃にもしっかりと対応している方が安心です。

また、アーチがしっかりと取られているので長時間歩いたときに疲れにくくなっています。

おわりに

使用時間が短時間かつ上下移動が無い場合だとソルボアスリートではあまり効果を感じられないかもしれません。あまり歩かないという場合はアーチがなだらかやふかふかとしていて履き心地が良いスポーツ向けではないソルボインソールのほうが良いです。

公共交通機関が便利なエリアで生活していると意外と階段などの上下の移動があったり、乗り換えのタイミングでそこそこ長い距離を歩いたりということが日常です。階段移動や地下通路をながながと歩くならソルボアスリートはおすすめです。

ソルボ
¥1,245 (2021/10/21 14:02:34時点 Amazon調べ-詳細)
ソルボ
¥1,738 (2021/10/21 14:02:35時点 Amazon調べ-詳細)
ソルボ
¥1,708 (2021/10/21 14:02:36時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です