【6月名物】鎌倉のあじさい寺で紫陽花鑑賞してみた!!

チーズと鱈を使用した本物のチータラ!なとり「一度は食べていただきたい チーズ鱈」レビュー

チーズと鱈を使用した本物のチータラ!なとり「一度は食べていただきたい チーズ鱈」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

一度は食べていただきたい チーズ鱈

この記事ではなとりの一度は食べていただきたい チーズ鱈をご紹介します。なとりはチーズ鱈とその廉価版のチータラで有名な魚介加工品を製造販売しているメーカーです。チーズを鱈シートで挟んだチーズ鱈と、チーズと白身魚シートで挟んだチータラといえばおつまみ界では超が付くほど人気があります。また、一度は食べていただきたいシリーズは、2006年から販売されているなとりの看板商品として材料も厳選したおつまみのシリーズで、味もお墨付きになっています。2022年上旬にパッケージデザインが変更されて、表記が『熟成チーズ鱈』から『贅沢なチーズ鱈』に変わりました。

32gの個包装が2袋

パッケージは32gの個包装が2袋入っています。サイズ展開として食べきりサイズの小さいサイズもありますが、大きいサイズでもしっかり食べきりサイズで個包装になっているので、どちらを選んでも程よくおつまみとして『つまむ』ことが可能です。「少し多めに食べたいかもしれない」ときには大きいサイズを入手しても困ることはなさそうです。

チーズと鱈シートの本物チータラ

チーズと鱈が使われた本物のチータラです。同じくなとりから販売されているチータラという商品は名前も見た目も似ているのですが、チータラには白身魚をすりつぶした魚介シートが使われています。本物のチータラはチーズと鱈シートです。似ているだけで単なる魚介シートと鱈シートでは全くの別物です。チータラのスカスカとしたいかそうめんのような食感に対してチーズ鱈はかまぼこのようなふっくらとした食感があります。チーズもより旨味やコクのあるチーズが使われているようです。

おわりに

『一度は食べていただきたい』というインパクトさにも負けない美味しいおつまみです。手頃さがあってコスパの高いチータラと美味しさを追求したチーズ鱈で食べ比べすると見た目が似ているものの結構違いがあって面白いと思います。美味しくて様々なお酒のお供として外したくないときにはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。