【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

まさかの前年と同地の縁起物!手作りの縁起物が入った無印良品「福缶2023」開封レポート

まさかの前年と同地の縁起物!手作りの縁起物が入った無印良品「福缶2023」開封レポート

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

無印良品の福缶2023

この記事では無印良品の福缶2023をご紹介します。福缶2023は無印良品の福袋に相当する商品で、日本全国の手作り縁起物が入ったシークレット缶として年明けに販売されます。今年は2023年にちなんで2,023円でした。毎年1円ずつ値上げを繰り返しています。

過去には店頭での先着販売だったこともありますが、現在では事前の抽選販売となっています。また、昨年度までは1人につき2缶までの数量制限だったのが、今年度からは1人につき1缶と制限が強化されました。

開封してみた

セットになって缶詰にされているので、どんな縁起物が入っているのかはパカッと開けるまで分かりません。店頭で引き換える時も店員さんが福缶のストックから持ってきてくれるので、選ぶことは出来ません。全部で47種類もの縁起物のなかから何が当たるかは完全に運次第です。

内容物一覧

  • 縁起物
  • MUJI GIFT CARD

内容物は縁起物1点とMUJI GIFT CARDです。数年前まではカレンダーやぽち袋などのおまけが入っていた事もあるのですが、縁起物とギフトカードのみというシンプルなセットになっています。

MUJI GIFT CARD(2,023円分)

MUJI GIFT CARDには2,023円分のチャージが入っています。販売価格と同額のギフトカードが付属しているので、縁起物が実質無料となっています。MUJI GIFT CARDは、店舗での買い物のときに1円単位で使用することが出来ます。差額は他の支払い手段と併用が出来るので、限りなく現金に近い扱いで使い勝手の良いカードです。

縁起物は起き上がり人形の兎

入っていた縁起物はコシェルドゥの起き上がり人形 兎でした。去年も同じくコシェルドゥの起き上がり人形の虎だったので、2年連続で同じところシリーズものが出たことになります。2連続で縁起物を引き当てる確率はたったの0.05%ほどなので、とても低い確率を引き当てるという結果になりました。

この起き上がり人形は、裏張りの技法によって岩手県で制作している張り子の玩具です。コシェルドゥがデザインから製作までを手掛けています。表には花巻市の成島和紙(なるしまわし)を貼り、おもりは久慈市の小久慈焼(こくじやき)の土粘土を使用しています。一つ一つ手書きのため、同じものがありません。個性豊かな表情をお楽しみください。起き上がらない場合もありますが、手を添えて助けてあげれば起き上がります。

コシェルドゥ

手作業で作られた起き上がり人形です。昨年は虎年だったので虎デザインでしたが、今年は兎年に合わせて兎のデザインになっています。

おわりに

まさかの同地の縁起物を引き当てるとは驚きました。毎年デザインは少しずつ異なり、起き上がり人形のデザインも可愛らしいので問題はありません。ただ、1年に1回の挑戦で何が出るか楽しみにしていたので、まさかの同じ場所のものでなんと反応して良いのか迷いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です