【栃木】鬼怒川沿いにある美しい渓谷「龍王峡」を歩く

1粒あたり約80円の一番人気で定番の商品!築地銀だこ「ぜったいうまい!! たこ焼」を食べる

1個あたり約80円の一番人気で定番の商品!築地銀だこ「ぜったいうまい!! たこ焼」を食べる

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

築地銀だこ

この記事では築地銀だこのたこ焼をご紹介します。築地銀だこは1997年に群馬県で創業したたこ焼店です。築地から仕入れていたタコを使用していたことから築地という地名、銀座に店舗を出店するのを目標にしていたことから銀という文字が入り、築地銀だこという名前になったそうです。

調理場はたこ焼を焼いている様子が見えるように前面がガラス張りになっています。店舗で注文する際に待機列で待っているとクルックルと何個も纏めて回している店員さんの姿を眺めることが出来ます。他のお店と決定的に違うのが調理場が見える実演販売という形式です。焼いている様子を見ているだけでも楽しいので、人気となり日本全国展開されたのも納得です。

ぜったいうまい!! たこ焼

築地銀だこで最も定番かつ最も人気のある商品は『ぜったいうまい!! たこ焼』です。1パックに8粒のたこ焼が入っています。トッピングは青のりとかつお節でだけのシンプルなたこ焼です。食べる直前にソースとマヨネーズを上から掛けて食べます。余計なトッピングが無いたこ焼のなかのたこ焼です。

1パック538円(税抜)だったのが、2023年3月1日からは物価上昇に伴い580円(税抜)に値上げされて1粒約80円になってしまいました。通常価格の値上げにともなって、3月1日~3日の日程でセールも実施されています。セール時には390円(税抜)とお手頃ですが、たこ焼きが徐々に高級な食べ物になりつつあります。

外はこんがり内はとろ~り食感

こんがりと焼けてカリッとした食感の外側と、とろ~りと柔らかい食感の内側の絶対にうまいたこ焼です。一粒あたりの大きさも大きくて立派です。今回はテイクアウトで利用しましたが、冷めてもサクッと感は残っていました。冷めても水っぽくなったりベタついたりせず美味しく食べることが出来ます。もちろん、温かいうちに食べれば更に美味しかったに違いありません。価格は決して安価というわけではないものの、軽食として食べるにはなかなか良いボリューム感でした。

おわりに

築地銀だこは日本全国で美味しいたこ焼を食べられるお店です。ただ、その場で焼き立てを提供しているため、タイミングによってはたこ焼が焼けるまでそれなりに待ち時間が発生します。今回はそれほど混雑していない数組で並んでからたこ焼を手にするまでは10分程度かかりました。時間的に余裕がある時には良いのですが、急いでいるときには厳しいかもしれません。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です