マクロスの音ゲー『歌マクロス スマホDeカルチャー』早速プレイしてみました!

マクロスシリーズのリズムゲーム「歌マクロス」が延期を重ねてついに公開されました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

歌マクロス スマホDeカルチャー

『歌マクロス スマホDeカルチャー』は、2017年春のリリースを予定していましたが遅れに遅れて、ようやく本日リリースされた、マクロスシリーズのリズムゲームです。基本プレイは無料で、ゲームが進行するにつれて、マクロス、マクロス7、マクロスF、マクロス⊿の楽曲が開放されていきます。

 

歌姫では、編成やガチャアイテムの『特殊スキル』の設定をすることができます。記憶の時空では、キャラクターをアンロックする事ができます。ライブでは、時間経過または課金アイテムを使用することで回復する『スタミナ』を消費して、リズムゲームをプレイする事ができます。

 

ガチャでは課金アイテムを消費して、『衣装』や『特殊スキル』などが獲得できるようです。チュートリアルで熱心に解説していましたが、長々としたチュートリアルに飽きて、しっかりと確認していないので記憶が曖昧です。

 

ゲーム設定

長々としたチュートリアルを粛々と終わらせたら、早速プレイしてみます・・・と、その前に、右上のゲーム設定をタッチして、快適にプレイできるように設定を変更しました。

 

ノーツスピード

設定の注意に書かれている通りで、ノーツのスピード設定は難易度ごとに設定されるので、うっかり上級のライブを始めてしまうと、なんだか速度が遅いと感じることでしょう。

ノーツとはリズムに合わせてタップする『タイミングを示したもの』のことです。太鼓の達人では『ドン』や『カッ』に相当します。

 

音量設定

細かく音量調整もできます。音量は特に設定することはありません。

 

演出設定

カットインはチラチラとして、邪魔なのでOFFにしました。ノーツ軌道はONでもOFFでも好みかなと思います。

 

ビデオ設定

背景で動きがあるとノーツが見えづらくなるため、非表示に設定しました。

 

動作設定

ビデオ設定と同じで、3Dフルや3Dライトのほうが、楽しめますが、ノーツが見えづらくなるので2Dに設定しています。

 

タイミング設定

『調整画面へ』というボタンをタッチするとノーツの判定タイミングを調整する事ができます。リズムに合わせてタップすることで、自動的に推奨のタイミングが表示されます。

 

ゲームスタート!

チュートリアルを除いて、初っ端からプレイできる曲は、マクロス⊿の『ルンがピカッと光ったら』という曲です。EASYモードではスタミナは8消費するようです。

レッツPLAY!

 

 

♪ピカッとルンが光れば Wow woh…(◯ASRACの検閲による影響を考慮して、以下自粛)

判定はデレステのタイミングに慣れているとシビアです。早速、MISS!

 

長押しも、押している途中で切れてしまうことが度々ありました。判定はデレステのタイミングに慣れているとシビアです。(2度目)

 

EASYなので失敗することはありませんが、なかなかコンボはつながりませんでした。判定はデレステのタイミングに慣れているとシビアです。(3度目)

クリアランクはCでした。残念。

 

1時間ほどであの有名な、マクロスを代表する楽曲「愛・おぼえていますか」がプレイできるようになりました。ノーツの速度は8ではなく、9がおすすめです。

 

 

まとめ

アニメ「マクロス⊿」は2016年の夏秋シーズンに2期連続で放映されましたが、その時期に合わせてリリースしたほうが盛り上がったのではないかと思います。もともとはアニメ終了後の2017年春に公開でしたが、ゲームとしては『マクロス⊿』を中心としているだけあって、開発の遅れは痛いですね・・・。

 

ここが良くない

課金沼システムで有名なDeNAが運営しているということで覚悟はしていましたが、無駄にチュートリアルが長く、ガシャへの誘導があからさま過ぎます。『リズムゲーム』ならまずは『リズムゲーム』を楽しませんてくれないと、課金する気すら起きません。

 

その点は、Cyg○mesのデレステを見習ってほしいです。ソーシャルゲームが普及したDeNA最盛期の頃は、あからさまな誘導に引っかかって乗ってくれる人も多かったと思いますが、今では価値のあるものには『課金』するという流れになっていますので、価値の押し売りは受けません。

 

そして、チュートリアルも含めて『OKボタン』や『次へボタン』の押す回数が多すぎます。丁寧なチュートリアルも悪くはありませんが、せっかくのリズムゲームなのに、設計がガラケー仕様の『何が楽しいか分からないポチポチゲーム』ではリズムゲームなのにリズムが悪く残念です。

 

ここが良い

3Dモードでは結構ぬるぬるとキャラクターが動く点は良かったです。少々、動きがぎこちない箇所もありますが、リリース段階で満足できる水準を確保しているのは評価できます。

 

プレイするのに会員登録は必須ではないことや、LINEなどのソーシャルネットワークサービスとの連携をすることで簡単に登録できる気軽さ、マクロスシリーズを横断しているリズムゲームなので、楽曲の充実度や長期間に渡って安定した運営が期待できるという点ではなかなか良いと感じました。

 

基本プレイ無料なので、『マクロス世代』から最新の『マクロス⊿世代』まで、気になる方はぜひお試しください。ただ、ゲームをプレイするだけならガチャは必須ではありませんので、その点はご安心ください。