「完成度は高いけど飽きそう。」どうぶつの森ポケットキャンプの印象

スマホ版どうぶつの森「どうぶつの森ポケットキャンプ」の印象は「完成度は高いけど飽きそう。」でした。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

どうぶつの森ポケットキャンプ

どうぶつの森ポケットキャンプは2017年11月21日に突如としてリリースされた『どうぶつの森』シリーズ最新作で初のスマートフォンの向けアプリです。基本無料で遊べます。テントを拡張したり、家具の製作速度を短縮するためにはリーフチケットという課金アイテムが必要です。ただし、通常のプレイに支障がないようにある程度は無償チケットが付与されます。

 

プレイヤーはキャンプ場の管理人という職につき、日夜を問わず、キャンプ場の利用者の要望を叶え続けなくてはなりません。スマートフォンでもあのまったりとした森ライフが楽しめるのかと思い期待していましたが、ソーシャルゲームをオマージュ下書きに使ったようなただのポチポチゲーだったので大変に失望しました。

 

再現度は素晴らしい

ゲーム内に登場する建物や音楽は、過去シリーズと同様のクオリティの高いものでした。

 

釣り竿や虫取り網の切り替えをする必要が無いように『エリア制』になっていました。また、収納スペースの制限は無く沢山の家具をしまっておくことができます。荷物の整理ほど面倒な事はありません。

 

このような、スマホでも手軽にできるような工夫も良かったです。

 

おんぶ抱っこのNPC

ゲームの基本的な流れも前作のとび森と同様でしたが、あらゆることにおんぶ抱っこのどうぶつたちによって、『きりきりと働くプレイヤー』と『のんびりキャンプを楽しむどうぶつたち』という構図になってしまっていました。

 

どうぶつをキャンプ場に来てもらうためには、「ほしい物」をプレゼントして仲良くなる必要があり、さらに、どうぶつの希望する幾つかの家具を所有していないといけません。

 

まず、仲良くなるためにプレゼントするものは豊富に入手することが出来るものばかりです。具体的には、川エリアの『川魚』や海エリアの『海魚』、山エリアの『果物』と南の島の『昆虫』です。

 

簡単に入手出来るのは問題ないと思われるでしょう。ところが、それが問題なのです。

 

アイテムを回収するには表示される『タッチタイミング』に合わせて、画面をタッチするだけです。それに、エリアが狭いので仕方がありませんが、一定の数がいつもほぼ同じ場所に出現するのです。

 

ただ単調に行ったり来たりを繰り返して、どうぶつたちの求めるアイテムを収集し、プレゼントします。プレゼントするとささやかなお礼として100ベルと家具素材を渡してきます。

 

しかし、そうして仲良くなった後でキャンプに誘うと、今度は「こんなキャンプに憧れるんだよね~」と指定された家具の作成をしなければなりません。家具に関しては作成するだけですが、作るためには家具素材とゲーム内の通貨を消費します。

 

家具は1000ベルを超えるものまであり、”ささやかなお礼”だけではあっという間に底をついてしまいます。

 

助成金頼りのキャンプ場

さて、ゲーム内通貨の単位は『ベル』といい、ゲーム内で手に入る様々な家具やアイテムを売却することで手に入れることができます。そして、どうぶつたちはささやかな報酬を用意してくれていますが、1体のどうぶつに対してかかる費用と報酬が釣り合いません。

 

では、どうやって、どうぶつたちの快適なキャンプライフを支えるのかと言いますと、レベルアップボーナスの『1000ベル』という助成金を活用するのです。

 

本作ではどうぶつたちと交流して仲良くなるとレベルが上がる仕組みになっています。レベルが上がるごとに1000ベルが支給されます。それでやっと足らない分を補填してレベルを上げて行きますが、ずっと単調な作業です。変化がないと飽きそうです。

 

一言でまとめると、一昔前のポチポチゲーに成り下がっているのです。元からどうぶつの森はこのようなゲームでしたが、もっとまったりとしたゲームだったはずです。

 

ガチャはない?

リリース時点では公式に『ガチャ』とされている機能はありません。しかし、どう考えても課金アイテムを消費して魚を捕まえる『とあみ』と虫を捕まえる『みつ』はガチャそのものです。

 

この画像は無料とあみを利用していますが、課金アイテムのリーフチケットを15枚消費するとあみも選べます。

 

中身はランダムで決定されます。コンプリートするのにガチャをする必要は無いにしても、ガチャシステムを搭載していることは事実です。のんびりとしたどうぶつの森にさんざん問題になったガチャシステムを持ち込むとは・・・。

 

超大物でレアのマグロの排出率は0.2640%です。提供割合は『とあみ』や『みつ』のところで確認することができます。

 

これには失望しました。課金アイテムやガチャが一概に悪いわけではありませんし、それを楽しんでいる人がいるのもわかります。課金しなくてもコンプリートできるような作りになっていることは評価しますが、とても残念です。

 

求めているのはポチポチゲー?

どうぶつの森に求めているのはガチャによるやりこみ要素でも、強制されるアイテム消費でもありません。

 

今回のどうぶつの森ポケットキャンプは、集めるアイテムやキャラクターでバリエーションが有るように見えて、ポチポチと画面をタップ&タップして『仲良くなる→キャンプに来てもらう』という1通りのパターンしかありません。どうぶつの森に求めているのは南の島でのんびり魚釣りをしたり、落とし穴を埋めて住民が引っかかるか遠くから見ていたり、ローン返済のために金策を練ったりというのどかなゲームであって、一方通行のポチポチゲーではありません・・・。

 

これでは初めてどうぶつの森に触れる多くのプレイヤーに『どうぶつの森はつまらないもの』として認識されてしまいます。

 

もちろん『ジャンル』による好き嫌いはあると思います。それでも、少なくとも「どうぶつの森がつまらないと、ポケットキャンプで判断してほしくはないなぁ・・・」といちユーザーとしては思っています。

 

だから、失望したのです。

 

コメントを残す