弾丸!夜行バスで高雄へ行く(後編)

両夜行の弾丸で台湾南部の高雄に行きました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

【台湾2016その4】2016年9月30日(金)

期間:2016年09月29日~10月04日

訪問先:中華民国(台湾)

目次:2016年台湾旅行記

③高雄市立歴史博物館

西子湾站から鹽埕埔站は1駅です。すぐに到着しました。

  • 西子湾站
  • 鹽埕埔站

 

高雄市立歴史博物館

 

 

台湾から見た日本の戦争

航空母艦「鳳翔」

 

長門型戦艦「陸奥」

 

金剛型戦艦「金剛」「榛名」

 

金剛型戦艦「比叡」「霧島」

 

伊勢型戦艦「伊勢」「日向」

 

扶桑型戦艦「扶桑」「山城」

 

戦艦の飛距離比べ

 

長門型戦艦「長門」

 

軍装備

 

高雄観光

 

二二八事件

台湾人と中国人の対立抗争事件です。日本が敗戦して、台湾の統治を終了した1947年に、中国人の憲兵がたばこを密売していた台湾人女性を摘発した事がきっかけで発生しました。当時の台湾では日本時代のルールを引き継ぎたばこは専売品となっていましたが、中国本土では自由に販売されていました。同じ中国人であるのに対応が異なるのは差別的であるという意識が事件の火種になりました。

 

その時の言葉として伝えられているのが「犬去りて、豚来たる」だそうです。意味はそのままで、「番犬のような日本が去ったら、中国から財産を貪り食う豚が来た」ということです。当時の台湾人の気持ちを簡潔に表せば「一難去ってまた一難」という感じでしょうか。

 

 

高雄駅へ

このあと当初の計画では台南に移動して、ゼーランディア城を見学するはずでしたが、時間が遅く間に合いそうにありません・・・。

 

ゼーランディア城に間に合わないと言っても他にすることがなく困ったので、とりあえず台南へ移動することにしました。

 

高雄駅

146番の自強号(特急)の指定席チケットを購入しました。

ちなみに自強号の乗車券は指定席も自由席も料金が同じです。有人カウンターで購入すると座席指定券になり、券売機で購入すると自由席になるそうです。

高鐵の高雄乗り入れが計画されているため、駅の工事が続いているようでした。

 

そろそろ、到着しても良い時間になっているのに電車が来ませんでした。電光掲示板いわく5分遅延が発生しているらしいので、待ちます。

 

自由席のチケットを持っている人は、開いている席に自由に座っていいという慣習があるので、自分の指定席に誰か座っているということがあります。指定席のチケットを持っている場合はチケットを見せると席を空けてくれます。

 

台南駅

到着した頃にはすっかり暗くなっていました。夜市に行こうと考えていましたが、生憎の雨で中止になってしまいました。夜市は露天販売が中心なので、雨が降るとお休みになってしまいます。

 

駅を出て左に進むと高速バスの運行会社の看板が見えます。そこで、チケットを購入出来ます。

 

おまけ:安平古堡

今回は時間的に間に合いませんでしたが、あと3時間早くスタートできていれば余裕で間に合ったことを考えると、空港でのロスタイムが悔やまれます。

 

http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003119&id=147

 

一応、参考のために資料写真がありますので、そちらを御覧ください。

きれいな庭があります。

 

建物内部には史料の展示がされていました。

 

外の屋根飾りはレプリカですが、内部に当時のものが展示されています。

 

当時の赤レンガが残されています。

 

目玉のひとつである展望台です。安平の街が一望できると評判です。

 

展望台からの眺め

 

LAGUARDIA

臺南站前のロータリーに面しているハンバーガーショップです。味に関しては値段も高くないので、許容範囲かなと思います。

 

セット番号6番の65元(約195円)のハンバーガーを注文しました。ちなみに紅茶はギリギリまで入っていました。

 

和欣客運臺南總站

行きはU-BUSを利用しましたが、帰りは別の会社を利用してみることにしました。8時20分頃に出発の3列シート車を予約しました。料金は400元(約1200円)でした。

三排が3列シート車で、両排が2列シート車です。

 

待合室には無料のミネラルウォーターが常備されていました。

 

新しい車体にはコンセントが有るという噂がありましたが、どうやらこの車体は古い車体だったようです。残念・・・。

 

時刻は午前1時を過ぎて、順調に台北に戻って来ました。臺南で夜市に行こうと思っていたので、雨で行けなかった分早く到着しました。今夜はベンチで夜を明かします。

 

ベンチで寝るのはつらいという方は新光三越の裏に「Qtime」という日本語メニューも用意されているインターネットカフェあるそうなので、そちらの利用をおすすめします。

コメントを残す