【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

福岡の老舗ご当地うどん・そば店!高コスパでボリューム満点の「牧のうどん」を訪れる

福岡の老舗ご当地うどん・そば店!高コスパでボリューム満点の「牧のうどん」を訪れる

はい、皆さんこんにちは。日常生活が楽しくなる情報をお伝えすることを心がけている、旅する写真家のいんたらくとです。

福岡の老舗 牧のうどん

今回は福岡県を中心に九州北部で店舗展開をしている牧のうどんを訪れました。牧のうどんは老舗うどん店として、とても人気のあるお店です。博多バスターミナルや福岡空港の近くなど交通の要衝にも店舗があり、素早くボリューム満点の食事を取りたいという需要に応えています。

九州北部には今回訪れた『牧のうどん』と『資さんうどん』という2大うどん店が場を抑えており、全国展開しているうどん店の入る余地がありません。資さんうどんについてはまたの機会に食べることとして、今回は2大勢力のひとつである牧のうどんを食べてみることにしました。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

注文はトッピングを選ぶ

牧のうどんでは基本となるかけうどんに好みに応じて自由にトッピングを選ぶスタイルで注文することができます。予め人気の組み合わせについてはメニュー表に記載されていますが、あくまでも『かけうどん』に各種トッピングを乗せたという扱いになっています。

福岡では『ごぼう天』をうどんと一緒に食べる文化があるので、えびの天ぷらを差し置いて人気第1位は『肉・ごぼう天うどん』だそうです。観光客向けではなく地元民のリピーターが多いお店ということで、昔からの文化として根付いている組み合わせは人気も高いという傾向があります。

ちなみに、とっても柔らかい麺なので、食べている最中にも汁を吸って量が増えていきます。大盛りではなく少量をおかわりしたほうが美味しく食べられるということなのか、まるでラーメン店のような『替え玉制度』もあります。

肉・姿えびうどん

注文したのは『肉・姿えびうどん』です。肉・姿えびうどんは、『肉うどん』に『姿えび』をトッピングしたものです。注文メニューは組み合わせ次第なので、一番人気の肉・ごぼう天うどんから、ごぼう天を抜いてえび天を足してみました。ごぼう天よりもえび天のほうが美味しいのではと個人的には思いますが、昔からの風習として食べられているのでやはり人気ランキングとしてはごぼう天のほうが上位に位置しているようです。

甘しょっぱい味付けの汁と一緒に柔らかくてもちっと感のあるうどんを食べると絶品です。九州のうどん店の例に漏れずいわゆる麺のコシというものはありませんが、牧のうどんの麺は柔らかいだけでなくもちっとした食感が残っているのが特徴です。柔らかい麺が九州ご当地の食べ方となっていますが、単に柔らかいだけでなくもちっと感もあるのはやはり美味しさの秘訣と言っても過言ではないのかなと思います。

トッピングは、ネギと一緒に甘く煮込まれたお肉がたっぷりと乗せられていて大満足です。ザクッと食感のえび天も甘い汁との相性抜群で2本あってもあっという間に食べてしまいました。柔らかくてもちっとした食感の麺に対して、ザクっと食感とえびのプリッと食感はアクセントとしてとても良いものでした。

おわりに

価格に対してボリューム満点でとてもコスパの高いうどん店でした。太くて柔らかいだご汁のようなうどんを食べることができます。柔らかい食感と優しい味でどんなときでも美味しく食べられそうです。福岡を訪れた際にはご当地グルメのひとつとして、ぜひ訪れてみてください。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です