ほろ苦い味のチョコビスケット!ヤマビス「ブランサンド」レビュー

ほろ苦い味のチョコビスケット!ヤマビス「ブランサンド」を食べてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ヤマビス ブランサンド

この記事ではヤマザキビスケットのブランサンドをご紹介します。ブランサンドは2017年に発売された全粒粉入りでザクザク食感が特徴のビスケットです。栄養価の高い「小麦ブラン」という小麦の外皮も4.5%が含まれています。つまり、1パック食べると1日に必要とされている食物繊維の3分の1の量が摂取できます。また、チョコレートクリームには1パックあたり100億の乳酸菌が含まれています。健康面にも配慮されたビスケットです。

 

ヤマビスから発売されているYBCスタンドシリーズの中で、美味しさだけでなく健康面にも挑戦しているのはこのブランサンドのみです。

 

 

内容量

9枚入りの袋が2パック入っています。全部で18枚入りです。1パック9枚ずつで包装されているので、食べきりやすいちょうど良いサイズです。

 

ほろ苦いクッキー

香ばしいビスケットとほろにがいチョコクリーム

ザクザクの歯ごたえのあるクッキーでほろ苦いチョコレートクリームが挟まれています。発売時の広報資料によると「香ばしいビスケットと甘酸っぱいクリームの組合せが爽やかな味わいです。」と書かれていたので、酸味が強いのかと若干ビクビクしていましたが、チョコレートクリームは甘酸っぱいというほどの酸っぱさはなく、ほろ苦いカカオの味だったので安心しました。

 

もしかすると発売時と現在のブランサンドは美味しさを向上するために若干味の変更がされているのかもしれません。強く主張するような味ではなく、あっさりとしていて食べやすいカカオ味のビスケットサンドでした。

 

おわりに

チョコレートクリームも甘さ控えめ、クッキーそのものも甘さ控えめになっています。甘いクッキーがそんなに好きではない方や小麦ブランや全粒粉が使われているので、健康面が気になっているなるような方にもおすすめです。

 

コメントを残す