【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

ミニ三脚装着で両手持ちできる!コスパが高いスマホ用ジンバル「MOZA Mini MX」レビュー

ミニ三脚装着で両手持ちできる!コスパが高いスマホ用ジンバル「MOZA Mini MX」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

MOZA Mini MX

この記事ではMOZA Mini MXをご紹介します。MOZA Mini MXは同等の製品の中では比較的安価でコスパの高さが良いスマートフォン用3軸ジンバルです。ミニ三脚を装着すると両手持ちが出来るなど、エントリーモデルとして初心者にも使いやすいシンプルな製品です。MOZA社は、中国深圳市にあるデジタル周辺機器メーカーです。あまり聞き慣れない会社ですが、日本での販売及びサポート対応はカメラ周辺機器でお馴染みのケンコー・トキナーが行っています。

開封してみた

早速開封してみました。パッケージは開けやすく問題ありませんでした。

中心にクッションに包まれたジンバルが入っているのが見えます。右側に充電ケーブルが、下には付属品が入っているようです。充電式のジンバルなので、使用する前にまずはバッテリーをチャージします。

内容物一覧

  • MOZA Mini MX本体
  • ミニ三脚
  • USB Type-Cケーブル
  • ハンドストラップ
  • 収納ポーチ
  • 交換用スティックボタン
  • 保証書及び説明書

ジンバルを使用するために用意したほうが良いものが一通り入っているので、あとはスマートフォンさえ用意すればすぐにでも撮影を開始することも可能です。スティックボタンは簡単には外れなさそうでしたが、万が一にも紛失してしまうと操作ができなくなってしまうので予備が付属しているようです。

コンパクトな折りたたみ式

三脚は装着しても装着しなくても使用することができます。手で持つ部分を180度回転させます。側面に記載されている矢印に沿って回します。

スマートフォンを装着するグリップの部分も固定されているのでカチッと外して自由に回転できるようにします。スマートフォンを装着して電源を入れると自動的に回転して正面ポジションを向きます。

本体の操作方法

電源ボタン長押しで電源のON/OFFになります。スティックで上下左右の微調整を行います。電源と上下の微調整はアプリと接続しなくても使用することが可能です。アプリに接続している場合は更に▲と▼を押すことで拡大縮小ができます。拡大縮小は1回押すと段階で、長押しすると最大になるかキャンセル操作するまで拡大縮小が続けられます。

人差し指で操作できるトリガーは、ポジションリセットが割り当てられています。一番操作しやすい場所にポジションリセットを割り当てるということは結構多用することになるのかもしれません・・・。

カチッと音がすると固定されて、逆に回すと自由にブランブランと回転するようになります。収納時には固定していたほうが便利ですが、使用時には回転できるようにしないとジンバルの効果を発揮できません。

三脚装着で自立する

三脚穴に付属の三脚を装着するとその場で立てて置くことができます。また、三脚を折りたたんだ状態にするとサブマシンガンのように両手で持って撮影が出来ます。ジンバルという機械は片手持ちでも揺れを軽減してくれるものではありますが、両手持ちなら更に操作が安定します。

撮影してみた

『MOZA Gene』という撮影用のアプリと接続して動画撮影を行ってみました。電源を入れてからぐるりと回って横位置で止まりました。スマートフォンの画面に合わせた縦動画もありますが、基本の横動画のみで縦動画の撮影はできません。ジンバルはあくまでも撮影補助機材で、カメラそのものの性能が変わることはありません。画質等の映像の質については使用するスマートフォンの性能に依存します。手持ち撮影の時に発生していた手ブレはかなり抑えられていました。前後左右にゆっくりと歩いている分に十分に滑らかな映像が撮れました。

良いことばかりではありません。ジンバルの正面復帰力が弱いため、上下に動くと正面に戻らずに、上なら上に、下なら下を向いたままになってしまう事がありました。意図しない向きで止まってしまった場合は、ポジションリセットのボタンを押すか手動で微調整して直すことが出来ます。ボタンひとつで直せるので操作として大きな問題というわけではないものの、滑らかで連続性のある映像を撮るには少々難があります。ジンバルの正面復帰力が弱い点については某社のジンバルと比べるとそれなりの不便さを感じました。

ストラップで落下防止

ストラップホールに付属のハンドストラップを装着してみました。使用する際にはストラップの装着をしたほうが良いです。手に持っているとうっかり落としてしまう恐れがあります。ジンバルは絶妙なバランスで揺れの少ない映像となるように調節するアイテムなので、当たりどころが悪いと一発でアウトです。

付属のポーチに収納

収納ポーチがついているので持ち運びも問題ありません。折りたたんだら付属の収納ポーチに入れて保管します。コンパクトさはとても便利です。

おわりに

MOZA Mini MXは、シンプル軽量高コスパのジンバルなので、スマートフォン用のジンバルをお試ししてみたいという方や、手持ちでうまく撮影できないと悩んでいる方におすすめです。スマートフォン用ジンバルといえばDJI社のOSMOシリーズが人気ですが、多機能でプロユースにも耐える代わりに、お試しで使用するには価格が高めです。エントリーモデルとしてはMOZA Mini MXは良いジンバルだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です