「ジンジャーエール」で作るノンアルコールカクテルのレシピ

飲めない人も雰囲気を楽しめるカナダドライ ジンジャーエールを使ったノンアルコールカクテルを作って見ました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ジンジャーエールでノンアルカクテルを作る

カナダドライ ジンジャーエールを使ったノンアルコールカクテルえお作ってみました。用意するものはジンジャーエールと混ぜ合わせるジュースです。市販のジュースを混ぜただけの簡単なカクテルですが、美味しいノンアルコールカクテルです。完成された味になっているはずのジュースを組み合わせると意外にもこれはこれで美味しいという飲み物が出来上がるので驚きです。

 

  • コーラ×オレンジ
  • コーラ×グレープ
  • コーラ×ピンクグレープ

 

 

ジンジャーグレープのレシピ

ジンジャーグレープの作り方は、量を1対1で、①グレープ→②ジンジャーエールの順に入れます。見た目はグレープフルーツそのものですが、炭酸とほろ苦さが追加されて、大人向けのグレープフルーツジュースになっていました。ジンジャーエールとグレープの組み合わせは微炭酸でほろ苦さを楽しむことができます。グレープフルーツジュースは果汁100%の「Welch’s グレープ」を使用しています。

 

 

ジンジャーエールオレンジのレシピ

ジンジャーオレンジの作り方は、量を1対1で、①オレンジ→②ジンジャーエールの順に入れます。オレンジジュースもジンジャーエールもグレープとは違って明るい色の飲み物なので、見た目はかなり爽やかな雰囲気になりました。ジンジャーエールの炭酸とみかんの甘さがうまく組み合わって、味もかなりさっぱりとしています。

 

 

おわりに

市販のノンアルコールカクテルも車を運転する人などにそこそこ需要があるらしく、様々な味が店頭に並んでいるのを見かけます。ジュースを組み合わせて作るだけの飲み物でも、安くて美味しいノンアルコールカクテルを作ることができました。それぞれは普通のジュースですが、組み合わせて飲むと、普段飲んでいるジュースが印象がガラリと変わります。

 

コメントを残す