MENU

interact編集部

良い情報をお福分け。生の旅情報や実際に試した生活情報をお届けするWEBメディア「interact」。三つ四つ、二つ三つなどゆっくりとお過ごしください。記事についてわからないことや詳しく知りたいことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

無断転載について
すべてのコンテンツは日本国の法律により保護され、無断転載・剽窃は禁じられています。

アーカイブ

広告

濃厚ミルクとチョコ「白い恋人ソフトクリーム」

救命胴衣のようなネックピロー!FLIGHT 001「Safety Neck Rest イエロー」レビュー

FLIGHT 001 Safety Neck Rest イエロー

救命胴衣のようなネックピロー!FLIGHT 001「Safety Neck Rest イエロー」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

Safety Neck Rest イエロー

この記事ではFLIGHT 001(フライトワン)のSafety Neck Rest イエローをご紹介します。FLIGHT 001はニューヨーク発のトラベル用品ブランドです。旅行者なら誰でも見たことがあるような身近な景色にインスパイアされたモダンで機能美にあふれたデザインの商品を多数展開しています。現在では閉店してしまっていますが、以前には原宿にも直営店がありました。

 

専用ポーチ付き

専用のポーチが付属しています。ぱっと見では非常用のグッズにしか見えない素晴らしいクオリティです。よく見るとネックピローであることがわかるようになっています。さわり心地はフリースのような起毛加工がされているのでふわふわとしています。本物の救命胴衣が破れてしまうと命に関わる大問題につながるので頑丈なプラスティックで作られているのに対して、あくまでもフェイクなので使い勝手を重視して起毛加工しているようです。肌触りは綿や麻と比べると劣りますが、折り畳めるビニール製のネックピローとしては標準的なものです。

 

空気で膨らむ

イラストにも書かれていますが、表側の右上にある空気孔から息を吹き込むことで膨らみます。必要最低限の文字に誰でもわかりやすいようにイラストがついているのが救命胴衣にそっくりです。

 

まるで救命胴衣のような見た目

色合いやイラストのテイストが完全に救命胴衣です、青い海でも目立ちやすい派手な黄色に、様々な言語を使う人でも共通に理解できるわかりやすくシンプルなイラスト。救命胴衣をイベントで着用して記念撮影をしたことがあるのですが、本物と比べてもフェイクにしてはよく似ていると感じました。機内でこのネックピローをつけていたらキャビンアテンダントさんに「おっ!」思われること間違いありません。飛行機にはあって当たり前の道具なのである意味では自然かもしれません。

 

ちなみに、本物の救命胴衣は身体が上を向いて浮くようにバランスを考えて複数の空気袋があり、首を保護するサポーター(頚椎用コルセット)のようになっています。本物の救命胴衣のさわり心地は防水ブルーシートのターポリンのようなエンボス加工のされた超厚手のビニールです。

 

おわりに

近年では格安航空会社での移動も充実してきたので、昼夜を問わずに移動することも多くなってきました。空港や機内で仮眠を取るならネックピローがあったほうが快適です。ネックピローもピンからキリまであるので、持ち運びも手軽でデザインもそこそこお洒落なものというと探すのが大変です。そんなときにはこの飛行機に乗る人なら誰でも見たことのある機能美にあふれたデザインのネックピローがおすすめです。

 

FLIGHT 001 トラベルブランケット コンパクトな機内用ブランケット!FLIGHT 001「トラベルブランケット」レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です