【紅葉】山梨県の紅葉の名所 昇仙峡へ行ってみた!

醤油風味の味付き鮭とば!丸あ野尻正武商店「さざ波サーモン」レビュー

醤油風味の味付き鮭とば!丸あ野尻正武商店「さざ波サーモン」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

さざ波サーモン

この記事では丸あ野尻正武商店のさざ波サーモンをご紹介します。丸あ野尻正武商店は北海道知床半島の入り口に位置する斜里町にある海産物を取り扱うお店です。季節になると遡上する様子を見ることができる知床で収獲された鮭や鮭製品を中心に知床産の海産物が多数あります。その中でもさざ波サーモンは斜里バスの運行する定期観光バスにおいてお土産品として採用されている美味しいお酒のおつまみです。パッケージは斜里バスの限定デザインになっていますが、中にはいっているものは道の駅等で販売されているさざ波サーモンと同じものです。

内容量

小分けパックになっているものは20gですが、インターネット通販等で用意されている標準サイズは190gです。小分けパックになっているものは食べやすくするために予め細切れになっていますが、標準サイズのものは1匹がまるまると入っているので、食べる際に少しずつちぎって食べます。

醤油風味の濃い味の鮭とば

鮭とばというものは以前にも食べたことがあるのですが、さざ波サーモンは初めてでした。和風な醤油味で味付けがされていておつまみとして美味しく食べられる様になっています。醤油の塩分だけがただ濃いのではなく、素材として使われているオホーツクサーモンの味もしっかりと感じられます。サーモンの香りが食欲をそそります。鮭とば全体に言えることではありますが、結構固めなのでちぎりながら少しずつちびちびとよく噛んで食べる必要はあります。噛めば噛むほどサーモンの風味がじわじわと、乾燥されてギュッと詰まったサーモンの旨味が口の中に広がります。

おわりに

鮭とばは北海道のお土産として様々なお店で販売されていますが、その中でもさざ波サーモンは程よい醤油風味の味付け鮭とばとなっていて臭みが少なく美味しく食べることができます。お酒のおつまみに鮭とばを探している方はぜひさざ波サーモンも食べてみてください。他と比べると食べやすくて美味しいということが感じられると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。