【紅葉】山梨県の紅葉の名所 昇仙峡へ行ってみた!

カップ入りになった伝統汁物!会津ブランド館「会津武家料理 カップこづゆ」レビュー

カップ入りになった伝統汁物!会津ブランド館「会津武家料理 カップこづゆ」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

会津武家料理 カップこづゆ

この記事では会津ブランド館の会津武家料理 カップこづゆをご紹介します。会津ブランド館は福島県の会津若松市にあるご当地グッズを取り扱っているセレクトショップです。会津のお土産品などがありますが、その中のひとつにオリジナル商品である会津武家料理 カップこづゆがあります。

カップ入りで便利

カップこづゆは名前の通り、予めちょうどよいサイズのカップに入った状態になっています。お湯さえ入手できればすぐにこづゆを飲んでみることが出来ます。例えばおにぎりも用意すればでお手軽に武家の食事を再現することができます。

お湯を入れるだけ会津武家料理

カップの中にはお麩や野菜、貝柱などの乾物が入っています。使われている具材はすべて『いわゆる乾物』なので、簡易的な包装でも保存することが可能なようです。袋から出してお湯で戻すとすぐに食べることができます。江戸時代に会津藩の武家や庶民たちのだべものとして広がったのがこづゆです。海沿いの地域なら新鮮な魚も手に入りますが、内陸の会津地方では生魚は手に入りませんでした。そこで、会津地方でも入手可能な乾燥させた魚介類を使って汁物を作ったのが始まりだそうです。

会津武家料理のこづゆ

味付けのベースは醤油ですが、単なる醤油味というわけではありません。いろいろな具材が入っているので出汁も出ているようです。調理としてはお湯を入れただけですが具だくさんなのでとても満足度が高い汁物です。冷蔵庫や冷凍庫が無い時代に乾物を使うという工夫をして魚介類を使った郷土料理が作られたというのも、美味しいものを追求する気持ちとして今も昔も変わらないのだなと感じます。

おわりに

郷土料理なので、会津地方出身の方はこの味が慣れ親しんでいて懐かしい味なのだそうです。会津を訪れた際にはぜひこの地の郷土料理であるこづゆも食べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。