当サイトのPVができました!【動画公開中】

ヤマザキの『Noir Black Cocoa ソフトクッキー 宇治抹茶味』レビュー

ヤマザキビスケットのノアールソフトクッキーの宇治抹茶味を食べてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

Noir ソフトクッキー 宇治抹茶

この記事ではヤマザキのNoir Black Cocoa ソフトクッキー 宇治抹茶味をレビューします。先日にバニラクリーム味を、そしてこの記事では抹茶味のノアールソフトクッキーをレビューしていますが、どちらもオレオソフトクッキーとして販売されていた商品です。

 

ヤマザキの『Noir(ノアール) Black Cocoa ソフトクッキー』レビュー

 

どちらも旧ヤマザキナビスコ社が開発した日本限定の商品です。ようやく復活という気分です。オレオとリッツは単なるライセンス生産でしたが、オレオソフトクッキーはブランドはオレオでしたが、ヤマザキのオリジナル商品なのです。

 

 

内容量は10個入り

内容量は10個です。個数は相変わらずながら10個とオレオの時から変わりません。パット見た目でわかる違いは「抹茶クリームの色が濃くなったかも」という点です。ノーマルなバニラクリームは白色だったのであまり違いを感じませんでしたが、抹茶味は濃くなったように感じます。

 

抹茶と黒蜜ソースのバランス

ココア味の生地で抹茶クリームを挟んでいます。それだけでなく、黒蜜ソースが中央部に入っています。ジャンルとしてはクッキーは洋菓子に分類されますが、まるで和菓子のような味でした。

 

オレオ時代は黒蜜ソースではなく練乳のようなミルクソースが入っていました。食べ比べたわけではなく、あくまでも記憶を頼りしたものなので、あまり当てにならないかもしれませんが、黒蜜ソースが入ったこちらの商品のほうが美味しいと思いました。

 

ソフトクッキーなのでちょっとボソボソしますが、全体的には食べやすいと思います。抹茶とココアと黒蜜ソースという組み合わせは、和風スイーツが好きな方にはぜひ試してみてほしい商品です。

 

おわりに

これでオレオ時代に最後まで定番だった商品が出揃いました。ここからは、モンデリーズのオレオとヤマザキのノアールどちらが支持されるのか正面からの戦いです。どちらが天下を取るのか楽しみです。

 

コメントを残す