Apple Payの設定と実装後のファーストインプレッション

今回はApple Payの設定と第一印象についてです。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

Apple Pay

日本時間2016年10月25日の早朝よりアップデートが配信されました。ついに、Apple Payの日本でのサービスが開始されました。

 

アメリカのApple Payと日本のApple Payは規格が違うので完全な互換性は無いのですが、スタートすると嬉しいものです。

 

日本のApple Payは世界で唯一Suicaの形式に対応した無線チップを内蔵しています。(具体的にはFelicaというソニーの技術です。)おさいふケータイというガラケーと同じという話もありましたが、おさいふケータイは各サービスが独自に展開していたのに対し、Apple PayはAppleという決済事業者のシステムを利用するという点で違います。なので、使用する私たちは考える必要ありませんが、ApplePayを利用するとカード会社や加盟店が0.15%を支払います。

 

いままではここまでの規模の決済システムは無かったので、期待しています。

 

Apple Payの設定

登録後にWalletアプリがかたまってしまって操作を受け付けなくなった事があったので、実際に使用するには不安もあります。今後のアップデートに期待です。

 

クレジットカード

walletアプリを開いて、カードを追加、クレジットカードと手順に沿って進んでいくと登録できます。詳しくは公式サイトや他のサイトをご覧ください。対応しているクレジットカードを登録するとIDかQUICPayとして利用できるようになります。iDかQUICPayは選べませんが、店舗で利用するときには使用できる方を伝えてください。

 

ちなみに、三井住友カードはiDで、JCB、セゾン、au WalletはQUICPayになるようです。iDとQUICPayはどちらかが使えれば、どちらも使える事が多いので、心配はいりません。決済するときにはホームボタンで指紋認証しながら端末にかざします。

 

Suica

Suicaを登録すると元のプラスチックカードは無効になる代わりにデポジットの500円が残高に加算されます。

 

Suicaを使うときはそのまま、指紋認証しないで決済できます。

 

処理が追いつかなくなって登録がエラーになってしまう現象が確認されているようです。しばらく後でまた試してみて下さい。

 

Apple Payの詳細設定

Walletの詳細設定を変更するには「設定」からWalletとApple Payの設定という項目へ行く必要があり、若干分かりにくい流れになっています。

そこで、ダブルタップで~という項目があるのですが、オンにしたりオフにしたりしてみましたが、いまいち使い方がわかりませんでした。

(→わかりました)

 

実装後のファーストインプレッション

iOS10.1更新直後

ちょっと!固まるんじゃないよ!

あとでお店に行って使ってみようと思いますが、会計時に固まったら、私も固まってしまいます。アップデートで対応できる内容だと思うので、早く修正してください。お願いします。

 

商品を購入して

実際にお店に行き商品を購入してみました。

 

iPhoneを出して、画面がついていない状態でホームボタンを2回押すとすぐにカードのイラストが表示されて、決済可能な状態になりました。本人が押せば、押した時に指紋認証も完了してすぐに使えます。しばらく放置すると再び指紋認証を求められます。端末にかざすと決済が完了しました。とくにもたつきはありませんでした。

 

Suica登録

サービス開始の2016年10月25日から数回ほど登録を試して見ましたが、エラーが出て登録できていませんでした。2日後の27日になってついに登録が完了しました。

 

 

そして、遂にSuicaを登録することに成功しました。プラスチックカードは無効になりますが、そのかわりに登録して数分のうちにデポジットの500円がチャージされました。サービス開始時点で登録できるのはJR東日本の駅で発行したSuicaか、Suicaアプリで発行したモバイルSuicaのみです。モノレールSuicaやクレカ一体型Suicaは対象外です。

 

Suicaアプリからは500円単位で、Walletアプリからは1円単位でチャージできます。ただしWalletアプリではVisaカードは登録できないので、JCBやMasterCardが必要です。余談ですが、NFC対応の端末で残高を確認したいときは「ヘルプモード」をオンにすると可能でした。