もしもiPhoneが故障した時はGenius Barへ行こう

iPhone6が振動しなくなったので、Apple表参道のGenius Barに行きました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

Apple表参道 Genius Bar

Apple Storeに併設されているカウンター?です。事前にWEBから申し込みをすることで、スムーズに対応が受けられます。iPhoneの修理対応というのは、画面の破損、バッテリーの劣化以外はすべて本体交換になります。あとは保証対象内で無料なのか、保証対象外で有料なのかの違いしかありません。そうなると、いかに早く交換できるかという点が重要になってきますが、人員配置がApple Storeの方が厚いので、「カメラの○○」よりスムーズに交換できるように思います。

 

「振動」の故障

今回の症状は、振動をオンオフしても一切振動しなくなってしまいました。iPhone6の振動パーツは故障しやすいようで、ネット上でも複数の情報が見つかりました。どうやらパーツが緩みやすく、機能しなくなりがちらしいのです。

 

仕方がないので、予約して「修理」に行きました。水没や損傷の目視チェックや店内Wi-Fiと診断用ソフトでシステム面での故障がないことを確認して、すぐに交換対応になりました。予約していたので待ち時間は10分もかかりませんでしたし、故障しているのが明確で即交換決定でした。これだけスムーズだと書くことありません・・・。

 

Apple Care+

Apple Care+という延長保証に加入していたので、1年と1ヶ月経過しての故障でしたが、電車代と保護フィルムを買い直す代のみで済みました。購入する時に保険に入るか入らないか迷いますが、iPhoneに関しては入っておいて間違いないと思います。自然故障は24ヶ月もの期間にわたって「追加料金なし」かつ「速やか」に交換してもらえるので。ちなみに画面割れは約3000円です。

 

新型Macbook

書くことないので、近くに展示してあった新型Macbookを見てきました。今でもMacbook Airを持ち歩いている人は時々見かけるのですが、Macbookは何故かあまり見かけません。本当に売れているのでしょうか。

 

「なぜ、持ち歩いていないのだ!」

 

機能の割には値段が高くてコスパが良くないから?薄すぎて落としやすそうだから?この機種から搭載されたタッチバーが使いやすいのか使いにくいのか、実際はどうなのか気になりますが、使っている人がいないのでわかりません。

 

コメントを残す