誤削除したデータが復元!「EaseUS Data Recovery Wizard」の使い方

誤削除してしまったデータを復元することができる「EaseUS Data Recovery Wizard」の使い方をご紹介します。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

データを復元したい!

この記事を読んでいるということは、もしかしてパソコンのファイルを誤って削除してしまったり、何らかのトラブルによりデータが飛んでしまい困り果てている状況なのではないでしょうか。そういう「今すぐデータを復元したい!」ときにまず役に立つのがデータ復元ソフトです。

 

この記事ではEaseUS Software様よりご提供頂いた「EaseUS Data Recovery Wizard」という500MBまで無料データ復元できるデータ復旧フリーソフトご紹介します。

 

データ復元を専門にしている業者に依頼するという手段もありますが、とある業者の例では7~8万円と高額になりがちです。落としたとか水没させてしまったような物理故障ではなく、ある日突然認識しなくなってしまったなどのような論理故障の場合はデータ復元ソフトを利用することで割安で復元することができるかもしれません。

 

EaseUS Data Recovery Wizard

 

Data Recovery Wizardの使い方

EaseUS Data Recovery Wizardの使い方です。まず無料で配信されているソフトをインストール・起動します。起動するとドライブの一覧が表示されます。

 

無料版には右上に残りの容量が表示されています。EaseUS Data Recovery Wizardは500MBまで無料でデータを復旧することができます。完全版と無料版で復元できるデータ量は異なりますが、復元性能は同じです。無料版でソフトの復元性能を確認してからライセンスキーを購入して完全版にアップグレードすることができます。

 

MEMO

ちなみに、SNSにEaseUS Data Recovery Wizardについての投稿を行うと無料でデータ復元量が1.5GB追加されるそうです。「あと少しだけ復元したい・・・」ときは投稿して無料クーポンを獲得しても良いかもしれません。詳しくはソフト内の案内をご覧ください。

 

ドライブの選択

データ復元を試みるドライブを選択します。選択後に右下のスキャンボタンを押しても良いですが、ドライブをダブルクリックして開いても自動的にスキャンが開始されます。

 

データスキャン

データスキャンが始まりました。スキャンにどれくらいの時間がかかるのか、時間の目安が左下に表示されます。スキャン中にホームに戻ったり、ソフトを終了させたりすると、スキャンが中断されてしまうので注意が必要です。スキャン中は焦らず待ちましょう・・・。

 

EaseUS Data Recovery Wizardの大きな欠点ですが、スキャンする項目を選ぶことはできません。自動で全部スキャンしてくれるので複雑な操作が不要で便利な反面、容量によっては数時間という長い時間が掛かってしまうことがあります。スキャンするファイルを選べるようになるともっと便利になるのにと思いました。

 

復元したいデータを探す

すべてのデータをそっくりそのまま復元したい場合は不要ですが、誤って削除してしまったデータのみを復元したいときは、復元するデータを探す必要があります。すべてのファイルが混在しているドライブの中を探しても良いですが、紛失パーティション復元候補という項目を見ると効率よく探すことができます。

 

強力なフィルター機能を搭載しているので、フィルターを適用すると目的のファイルがより一層探しやすくなります。

 

  • すべてのファイル
  • 紛失ファイル
  • ゴミ箱
  • 画像
  • ドキュメント
  • オーディオ
  • メール

ちなみに、フィルターできる項目は以上の通りです。

 

データ復元開始

復元したいファイルが見つかったら、右下にあるリカバリーを押します。

 

復元したデータを保存する場所を選択します。このときに復元するドライブと保存するドライブを同じにしないように気をつけてください。上書き保存されてしまい、復元に失敗してしまうことがあります。OKを押すと、復元が始まります。

 

復元が進行している間は他のファイルを探したり選択することができないので、この状態でしばらく待ちます。

 

復元完了!

リカバリーが完了しました」という画面に切り替わったら完了です。選択した場所に復元したデータが保存されました。

 

完全版へアップグレード

他にも復元しようとリカバリーを押すと無料の500MBを超えてしまったらしく、「500MB 無料復元限度が使用済みです。」という表示が出ました。無料分を使い切ってしまったあとに復元を続行するには、ライセンス認証を行い完全版にアップグレードする必要があります。

 

なお、無料容量を使い切らなくても、無料版で右上にあった「完全版にアップグレード」を押すとライセンス認証の画面を表示することができます。

 

 

ライセンス認証

ライセンスキーは公式サイトの他に、Amazonや家電量販店でも販売されています。今回は予め用意してあったライセンスキーを入力して、アップグレードを押しました。

 

数秒後に「アップグレードしました!」という表示が出たらOKを押してホームに戻ります。

 

無制限に復元できる

ライセンス認証を完了しました。右上に表示されていたアップグレードの案内が消えました。そして、ヘッダーのソフト名がEaseUS Data Recovery Wizard FreeからEaseUS Data Recovery Wizard Professionalに変わりました。ライセンス認証すると無制限に復元できるようになり、公式のサポートを受けられるようになります。

 

 

復元性能について

USBメモリやSDカードで復元を試してみましたが、復元の直前に削除してしまったファイルであればかなり高い確率で復元することができました。特にカメラで使用しているSDカードをスキャンすると、今まで愛用していた完全無料の復元ソフトよりも遥かに多くの画像データを検知していました。とても優秀です。

 

一方で、外付けHDDをスキャンしてみると結構古いデータまで認識していましたが、いざ復元してみると破損ファイルになってしまうものもありました。ファイルとしては存在するのですが、破損したファイルでは残念ながら使い物になりません。EaseUS Data Recovery Wizardも決して万能というわけではなさそうです。

 

おわりに

EaseUS Data Recovery Wizardはなら500MBまで無料お試しできるので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。削除してしまったデータや読み込みできなくなってしまったデータを復旧したいのなら、「速やかに復元を実施する」ことが大切なようなのでお早めに!

 

コメントを残す