【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

2014年に運転開始!クリアな前面展望が特徴の「伊豆急2100系4次車 黒船電車」に乗車する

2014年に運転開始!クリアな前面展望が特徴の「伊豆急2100系4次車 黒船電車」に乗車する

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

伊豆急2100系4次車 黒船電車

伊豆急2100系4次車の黒船電車に乗車しました。3次車は赤い車両が特徴のキンメ電車と呼ばれていますが、4次車は黒色の車両で黒船電車という愛称が付けられています。2014年から導入されている車両で、前面展望を伝熱線入りのものに変更し、海側窓を2重窓を採用することで3次車よりも改善されたそうです。公式サイトにはどのように改善されたのか具体的な話は記載されていませんでしたが、おそらく気温差で曇りにくくなったのかなと思います。座席配置は概ね3次車と変わりません。一部の座席にはコンセントが設置されています。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

東急8000系クハ8007とすれ違い

伊豆急下田行きの普通列車とすれ違いました。東急8000系をベースに改造されたクハ8007号車です。伊豆急のクハ8007号車は、もともとは東急8000系のクハ8016号車として東横線を走っていた車両です。東横線では2007年に8000系のさよなら運転が実施されて引退しています。

伊豆急行線内ではまるで特急列車のリゾート21も普通列車として運行しているので、せっかく乗るならリゾート21で展望を楽しみたいと思ってしまいます。一方で鉄道車両が好きな方は、古い車両が未だに現役で走っていることに興味を惹かれるかもしれません。

THE ROYAL EXPRESSに遭遇

伊豆高原駅では奥の留置線に『THE ROYAL EXPRESS』が停車しているのが見えました。THE ROYAL EXPRESSは、2017年7月21日から運行開始された団体用の伊豆急2100系車両です。伊豆急2100系は基本的に特急料金も不要で伊豆半島の鉄道旅を楽しめるというコンセプトなのですが、THE ROYAL EXPRESSだけは例外です。東急グループが進出している関係か、関東だけでなく北海道でも団体列車としての運行実績があります。

特急踊り子号とすれ違い

東京駅から伊豆急下田駅まで伊豆急行線を直通する特急列車の踊り子号とすれ違いました。特急踊り子号は、中央線の特急として走っていたE257系が使われています。この路線では、踊り子号と全車グリーン車のサフィール踊り子号が運行されています。サフィール踊り子号ならまだしもただの踊り子号なら、個人的にはリゾート21のほうが楽しくて好きです。

おわりに

行きの時はキンメ電車でしたが、帰りは黒船電車に乗車しました。景色の良い展望車から見えたのは海だけでなく、乗ってるだけで伊豆急行線でみられる車両の展覧会の様相でした。いずれにしてもリゾート21は乗ってるだけで楽しい素晴らしい列車に違いありません。伊豆半島を訪れる際にはぜひリゾート21の運行情報を確認して乗車してみてください。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です