【栃木】鬼怒川沿いにある美しい渓谷「龍王峡」を歩く

レンガ造りの倉庫をリノベしたショッピングモール!函館の夜間ライトアップが美しい「金森赤レンガ倉庫」を散策する

レンガ造りの倉庫をリノベしたショッピングモール!函館の夜間ライトアップが美しい「金森赤レンガ倉庫」を散策する

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

金森赤レンガ倉庫

函館の憩いの場として開かれているショッピングモールである金森赤レンガ倉庫を訪れました。金森赤レンガ倉庫は、明治時代に船の積荷を保管する倉庫として建てられた赤レンガ造りの建物をリノベーションして作られた複合施設となっています。結婚式場やイベントホールなどの施設を備えている重厚感のある商業施設で、海を眺めながらのんびりと買い物や散歩を楽しめる場所となっています。ちなみに、金森商船が所有していた『金森倉庫エリア』と日本郵船が所有していた『BAYはこだてエリア』で構成されています。

interact編集部セレクション
【全国旅行支援】ホテルの予約がまだの方!セールやキャンペーンの詳細を確認して、今すぐお得な宿泊先を探しませんか?

BAYはこだてエリア

BAYはこだてエリアは、日本郵船の倉庫として使用されていた建物や運河のあるエリアです。2003年には日本郵船から金森商船へと譲渡されて隣接の『金森倉庫エリア』と一体的に運営されています。このエリアには、カフェやドラックストアがあります。

エリアの中心となる運河を囲むように配置された旧倉庫が商業施設として営業しています。運河も夜になるとライトアップされており、まるで外国の街に迷い込んだかのような景色を見ることができます。倉庫へ荷物を運ぶために作られた運河で、倉庫として使われなくなった今は現在では1回15分程で函館湾を巡る『金森ベイクルーズ』の発着場として利用されています。金森ベイクルーズの乗船料は大人2000円、小人1000円で、最低催行人数は3人となっています。

金森倉庫エリア

金森倉庫エリアは、金森商船株式会社が倉庫として使っていた建物のあるエリアです。レストランやイベントホールがあります。1988年より商業施設として市民の集う海沿いの公園的な施設として活用されています。隣接のBAY函館エリアの建物よりも古く重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている重厚感のある7つの倉庫からなる倉庫群は、夜もライトアップされており雰囲気の良い空間として多くの来訪者がいます。

金森商船が倉庫として利用する前は、『共同運輸会社』という海運会社の倉庫として使われていました。共同運輸会社は現在の日本郵船の前身企業のひとつで、当時の日本郵船と合併するにあたって港湾施設の効率化のために金森商船に譲渡された建物です。現在はお土産店や飲食店が入居している赤レンガ倉庫で、蔦に覆われた建物はとても歴史を感じさせます。

おわりに

金森赤レンガ倉庫は函館が明治時代からの建物が残されている公園のような商業施設です。海に面したおしゃれな倉庫街に作られたショッピングモールなので、街なか散策の際に気軽に立ち寄ることができます。金森赤レンガ倉庫はお店が閉まったあとの日没後もライトアップされています。個人的には昼間よりもライトアップされた夜のほうが雰囲気が出ると思います。歴史的な赤レンガ造りの建物が好きな方はぜひ立ち寄って見てください。

interact編集部セレクション
【全国旅行支援】ホテルの予約がまだの方!セールやキャンペーンの詳細を確認して、今すぐお得な宿泊先を探しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です